浜松まつり2019 始動します!

ゴールデンウイークはこちら浜松市では「浜松まつり」が開催されます。
この祭りは、浜松市内の「町」や「自治会」あるいは「丁目」などが単位となって子供が生まれたお宅を祝うために「大凧」をあげたり、「練り」と呼ばれる部隊でお宅を訪問したりするお祭りです。また「御殿屋台」を浜松駅付近で引き回す町もあります。

自分が参加している「町」でも本日大凧に糸をつける「糸目付」の儀式や町単位の本部となる「会所」という場所を浜松まつりのためにオープンする「会所開き」が行われました。


20~30本の糸をバランスを考えて凧から張って一点にまとめます。



会所開きです。「総会」のようなものです。

お祭りだけにお酒がつきもの。


真鯛の塩焼きに熱燗をかけて大きな盃で一気に飲み干す「大杯の儀」の残骸です。

「日本酒で煮出した鯛のスープ」といった味で抜群。飲みすぎ注意のとっても危険な味わいです。

さて、本日よりわが町は浜松まつりに向けて始動となりました。週末運用もしばらくは限定的になりそうです。
でもUHF-CBオンエアミーティングやゴールデンウイーク一斉オンエアデーには出たいなあ。
ただしゴールデンウイーク一斉オンエアデーは浜松まつり会場からとなりそうです。
スポンサーサイト



身近なお花見

こちら浜松市ではまだ何となくソメイヨシノの開花が始まっていないような気がします。自宅近くの神社や職場にある桜はまだ枝ばかり。
そんな中、我が家のお花が今年もきれいに咲き始めました。



桜ではなく「梅」系の花なんですが、これが咲きだすと新しい年度が近づいたことが感じられます。

結構はかなくて、風が吹くとこんな感じ


すぐに散ってしまいます。
ピンポイントなお花見でした。

春オンリベンジ!!!

春の一斉オンエアデー 通称春オンは、浜松市は1日中雨で不完全燃焼の運用となりました。
そのリベンジで勝手に「春オンリベンジ」してまいりました。

運用地はこれまたUHF-CBオンエアデーでまさかの雪に見舞われて、寒さのあまりチェックイン直後にリタイアした愛知県本宮山です。



11時ころに到着。風が強いものの雨や雪はなさそう。





こんなラインナップで運用開始です。

開始早々DCRからはコールが聞こえてきました。池田山から運用されているギフTK315局です。初めての苦心と相成りました。

市民ラジオからはうっすらとDXが聞こえてきます。長野県で行われているロールコールです。チェックインを試みますが、「呼ばれていることはわかりますがコールサインが聞き取れません」とお返事。数回チャレンジするも、あまり引っ張るのも気が引けたのあきらめました。
SR-01だったら行けたかな?

今日の交信
市民ラジオの部
ヤオRH80 奈良県神野町 51 / 51
ナゴヤHN08 名古屋市千種区 51 / 51 ご自宅の窓から
ハママツYS51 浜松市佐鳴湖 51 / 51 ランニング運用 JCBT17A
アイチAB326 知多市 53 / 54
シガYH101 滋賀県甲賀市 55 / 53
シズオカSA824 静岡空港近く 51 / 52
シズオカMM316 静岡空港近く 51 / 51
シズオカNH781 静岡空港近く 51 / 51 ICB707から
ナラNS123 神野山 51 / 51
シズオカTK19 静岡空港近く 41 / 51
ナゴヤTA927 名古屋港ガーデンふ頭 53 / 52

デジ簡の部
ギフTK315 池田山 M5 / M5 1stQSO
アイチRZ050 豊川市自転車 M5 / M5 1号線のコンビニで休憩中
ギフST787 池田山 M5 / 56
ナゴヤTH280 常滑市本宮山 M5 / M5
ミカワDMP93 碧南市 M5 / M5 モービル移動から応答
ナゴヤHN08 名古屋市千種区 M5 / M5 いつもありがとうございます
ハママツWY237 浜松市自宅 M5 / M5 ハンディ機にホイップアンテナ
シガYH101 滋賀県甲賀市 M5 / M5 標高407mの展望台
ナゴヤAB449 名古屋市中村区 M5 / M5 名駅の近くから
ハママツRB12 浜松市南区 M5 / 54 おひさしぶり 
シガAZ79 池田町 M5 / M5 バーベキューで満腹休憩
シズオカMM316 静岡空港近く M5 / 53
シズオカNH781 静岡空港近く M5 / 52 少しの違いでSが変わる
ミエVB109 松坂市 M5 / 54 モービル半固定より

十分に春オンのリベンジとなりました。大満足です。
交信いただいた皆様、ありがとうございました。






坊主逃れの福田港

3月23日(土)はお天気も良く運用にはそこそこ適した日になりました。
が、しかし年度末は何かとお仕事が忙しく仕事をこなしに職場に出かけ気づいたらお昼を回っておりました。

このシーズンはとあるお魚が釣れ初めても良いころなので、仕事を片付けてから福田漁港に出かけました。


ところが、お目当てのお魚はまだお越しになっておらず、サッパが少し釣れている程度です。これでは竿を出して釣るという感じではありませんでした。
つまり魚釣りは「ボウズ」決定。

せめてもと思い、小高い所に上がって市民ラジオでCQを出したところうっすらと反応がありました。

シズオカMM316局からコールあり。51/51で交信成立。富士山空港の近くからの運用でした。Esシーズンであれば福田港からも九州方面と交信ができるんですが、シーズンはまだスタートしていない模様。

その後浜松レピータで交信が聞こえたので、コールしてみましたが、こちらからの変調が乗らず交信に至りませんでした。

とりあえず「ボウズ逃れ」でした。

明日の日曜日は先日の春オンが雨で不調だったのでどこかに移動して運用したいなあ。

どこかで聞こえておりましたら応答してやってくださいませ。

春オン2019  でしたが……

3月21日は春の一斉オンエアデーでしたが……
こちら浜松市は朝から雨。これでは山登りを伴う運用はあきらめムード。車から出られる小高いところでの運用に切り替えです。

目指したのは、浜松市浜北区にある太平洋富士見平。自宅から1時間ほどで到着するお手軽運用地です。標高はそれほどありませんが、アマチュア無線で運用される方もいるそこそこテッパンの運用地です。
以前にながおか局もギフ局を伴って訪れております。

ですが  雨


かなりひどい雨。東屋があるのですが、そこには無線関係者ではない先客がいたためDCRと浜松レピータのみの運用となりました。

しかし DCRからは業務しか聞こえてきません。浜松レピータの周波数をアマ機で聞いていると、業務のレピータで頻繁に交信が。
春分の日でも皆さんお仕事をされているようです。

桜の木の様子はこんな感じ


まだしばらく開花はなさそうです。

交信結果

デジタル簡易無線
シズオカAA402局 M5/M5 菊川市からとのこと
ハママツHP910局 M5/52 自分はモービル移動運用から

市民ラジオ
ミカワDMP93局 CBLのみ 呼んでも届かず~~
セタガヤCO760局 こちらもCBLのみ

アマチュア無線で東海QSOコンテストだったので、2局と交信。

おまけ
これからこの運用地はこいつがにょきにょき


ちょっとだけいただきました。まだちょっと早いかも。

不完全燃焼の春オンでした。晴れた地域では交信ができたのかなあ?
24日(日)あたりに昨年同様に春オンリベンジかな。
皆さんどうされます?

春の一斉オンエアデー どうする!?

3月21日(春分の日)は春の一斉オンエアデーです。
この日は、ライセンスフリーの無線機を使って、皆さんで交信しあいましょうって日なので、ぜひ運用に出かけてみたいですねえ。何しろアマチュア無線と違って家に大きなアンテナ立てて遠距離をってわけにはいかないし、そもそも、アマチュア無線よりも一般的な運用局数は少ないと思われるので、こういったイベントデーでないとなかなか皆さんと交信できるチャンスがないということもその気持ちを強くさせる一因です。

先日のUHF-CBオンエアミーティングやロールコールと違ってキー局が運用されるわけではないので、運用地選びはこれといった決め手がありません。しいて言うならば見晴らしの良い場所ってところでしょうかね。

昨年の春の一斉オンエアデーは天候が思わしくなく、自分はみぞれ交じりの雪に見舞われました。今年も天気予報を見る限りお天気は怪しい感じです。
昨年は「春オンリベンジ」なる言葉まで聞かれて、次の土日に運用したという記憶があります。

今年は……  一晩考えましょうかね。明日の朝のお天気次第かな。
お手軽に浜松周辺の里山運用かそれとも少し足を延ばして1000m級の山に出かけるか。  考えているときが一番ワクワクしますね。

第39回UHF-CBオオンエアミーティング 本宮山

3月17日は第39回UHF-CBオンエアミーティングでした。

キー局へのチェックインと参加局との交信を願って愛知県新城市と岡崎市と豊川市にまたがる本宮山(789m)に出かけました。

ちょうど新城ラリーと重なり、ラリーから戻ってくる車とも出会いました。




さて 山頂からはこんな風景も。気持ちよく遠くまで見通せます。



早速お店開きです。デジ簡と特小を三脚にセット。


でも、今日の主役はこいつです。


西部ハムの祭典で買ったNT-202Mです。こいつでのチェックインを試みます。キー局との距離は80KM弱。試すのにはちょうど良い距離です。

チェックインが始まるまで特小で各局との交信を楽しみました。


静岡県掛川市から、岐阜の山からの交信まで結構聞こえてきます。10mwおそるべしです。デジ簡なら簡単に届いちゃうんでしょうが、特小だとそこそこ難易度が上がります。

10:30からチェックインが始まるまでのわずかな時間にこれだけの局と交信できました。

シズオカNH781 倉沢 M5 / M5
ナゴヤHN08 千種区 M5 / M5
スズカZL300 鈴鹿市 M5 / M5
ミカワDMP93 碧南市 M5 / M5
ヒョウゴTF246 三ヶ根山 M5 / M5
シズオカEA51 三ヶ根山 M5 / M5
キクガワSH518 沢水加 M5 / M5

ここで、アンテナを生やしたケースやらを持って上がってくる、明らかに登山客と違い二人がこちらに向かってくるではありませんか。ムム!!!誰だ!?

ハママツHX41局とトヨカワFD41局でした。合同運用となりました。

11:00チェックインが始まりFD41局はいきなりチェックイン完了。自分はNT202での交信にこだわってあちらこちらと移動しながら聞こえる場所を探ります。

NT202の弱点、それは「スケルチオープンがないこと」です。これはかなりの弱点でキー局の声がブツブツ切れてしまいます。別の特小機でモニターしながらチェックインのチャンスを待ちます。

しばらくして小雪が舞い始めました。



結局チェックインまで1時間かかりました。その間にも浜松や菊川方面からもチェックインが完了しています。長野局の後に「ハママツ局どうぞ」と呼ばれた時には思わずガッツポーズ。小さなトランシーバからの微弱な電波はちゃんと80KMほど離れたところまで飛んでいきました。

その後市民ラジオで2局と交信
シズオカDW33 浜名湖三ケ日 59 / 57
キクガワSH518 沢水加 55 / 53

雪が本降りになったので撤収と相成りました。


駐車場に戻ってからも雪はやまず傘にも積もる始末。


それでもラリーは続行中で、迂回してくる車を見ることができました。



特小単信でたくさん交信できて最高でした。おまけのラリーもいろんな車がみられてよかったかも。

もうすぐ春の一斉オンエアデーもあるんですよね。どうしましょうか。
春の山を登りに行きましょうかね。

交信いただいた皆様、合同運用していただいた2局様。ありがとうございました。



第39回UHF-CBオオンエアミーティング

3月17日はUHF-CBオンエアミーティングが開催されるとFLRMのサイトに掲載されています。ここのところチェックインはおろか運用自体も下火になっているため、今回は何とか参加したいなあと思っています。

キー局は三重県にある朝熊ケ岳からのオンエアとのことです。

朝熊ケ岳は、浜松市を含む静岡県西部地域との相性も良く、特小の10mWでも交信の実績もあります。

じゃあどこへ移動するのがいいのかって考えています。

①単にキー局との交信であれば、遠州灘海岸線であれば行けそうな気もします。ただし地球は丸いので直線での見通しではありません。
②静岡県西部地域の皆さんとの交信を望むのであれば、浜松市北区にある尉ケ峰や三岳山なんかでも見通しっぽいです。
③もっと拡大して愛知や三重の各局との交信を狙うのであれば本宮山あたりの700m級の山に出向くことも考えられます。

む~~~なやむなあ
ここのところアクティブに運用できていないから、たくさんの局と交信の可能性があるところがいいなあっても思うし、休み明けに重要な仕事が待ち構えているので近くでお手軽運用ってのも考えの中にあるし……

悩んでいるうちが一番楽しいのかもしれません。
もうちょっと悩むことにします。

沖縄からの電波はスキップ!!!

市民ラジオのコンディションがなかなか上がらない中、3月10日の午後に入り掲示板を賑わせたのが沖縄からの電波でした。

自分もスクランブル発進!!

しかし自宅からすぐに行けるのは、天竜川河川敷。
しかしこれまでの実績では南方面よりも北方面がつながりやすい場所。
とはいうものの全然つながらない場所ではないのでワッチ開始。
  と同時にかなり大粒の雨。トホホ(表現が古っ)

仕方なく車のアンテナを28MHz用に変えてD808でワッチすることに。


掲示板によると沖縄からの電波は3CHだとか4CHで届いている模様。
なので根気のワッチです。D808はチャンネルスキャンなどという機能はないのでポチポチしながらチャンネルを切り替えます。もしかして自分が知らないだけなのかなあ?

キュルキュルやぴーぷーも盛大に聞こえてきましたが沖縄からの電波はとらえることはできず。
掲示板で沖縄局の運用委が終了したことが告知されていたので撤収。
ざんね~~ん

日本語が聞こえてきたのは8CHから。シズオカ局だったので雨の中飛び出して87Rで呼びましたが届かず。D808からはちゃんと聞こえてたんだけどな~。

というわけで今年に入ってからの電離層反射による交信はもう少し先におあづけです。
春は近いのでそろそろですかね。

ジャンク モバイルバッテリー

自分は通話はガラケーなので何日もバッテリーが持つのでモバイルバッテリーには縁がありません。スマホはインターネット専用で、しかも結構ゴツイやつで、こちらも数日バッテリーが持つタイプなんです。

が、出会ってしまいました。
リサイクルショップで   しかも爆安の200円。

某100円ショップのモバイルバッテリーでも300円するのでついつい4個も買ってしまいました。



まずはこちら Panasonicのモバイルバッテリー

ポイントはAC100Vで充電できること。そしてUSBポートが2個あること。

こんな機種でした。5000mAhの半分くらい残っていれば上出来かな。

黒と白があったので2こともゲット

さらにSONY製 こちらも5000mAhと書いてあります。


製造年月日はPanasonicのものより新しい。

のこり1個はノーブランド


重たかったので金属ケースがいいかなあと思ってゲット。
重いと中身が詰まってるかな?

でもって充電開始




ランプはしたので充電が始まっていると信じています。

え?何に使うかって?
いつものごとく これから考えます。

たとえば
①停電時やキャンプ時のUSBライトの電源
②特小トランシーバーの電源。 DJ-R20Dで動作が確認できています。
 レピータとして放置しておくのにはいいかもしれません。

あとはちゃんと容量が残っているかを試してみたいと思います。

ちっこいトランシーバー FRC NT-202

FRCのちっこいトランシーバーNT-202ですが、某フリラーの動画サイトでは市街地での交信記録がアップされていますが、スキー場では使えるのでしょうか!?

というわけで、先日仲間たちと出かけたスキー場で試してみました。

スキー場名は秘密ですが、短いコースながらも初心者から上級者まで別々に楽しめるバーンがあるスキー場です。天然雪も降りますが、基本的に人工降雪機によって作られた雪の上をすべるといった感じ。
林道コースもありましたが、天然雪がすでに溶けていてアウト。斜度の大きいコースも地面が露出寸前。
一番離れていても1Kmくらいのゲレンデです。

ちょっと寂しい感じもしましたが、天候は抜群でピーカン。初心者もいたので緩いコースが長いこのスキー場は皆さんで楽しむことができました。

全員に特小を持たせてそれぞれと連絡しながらスキーを楽しみました。その中でNT202も試してみました。



結果は 「使えたり使えなかったり」

相手はすべてDJ-C27Bを持たせての結果です。
ゲレンデなどの屋外で使っている相手はほとんど交信ができました。
しかし、相手が鉄筋の屋内にいた場合は、こちらからの電波は届くものの、相手からの電波は途切れるといった感じ。
自分はメイン機としてDJ-P23Lをホルダーで胸付近に取り付けていましたが、23Lには屋内からでもはっきりと受信できているようなのですが、NT-202は途切れる感じです。
スケルチオープンができないし、設定もできないためそういったことになるのかもしれません。
これは、すれすれの交信の時にはちょいと厳しいかもしれません。
ただし、電波がしっかりととらえられているときは非常に明瞭に交信できていますので、さほど広くない自分の職場での交信には使えそうです。

これからのシーズン。ペンダントのように首からぶら下げて運用に出かけてみましょうかね。チャンネルはL03のままで。


皆さんどうされるのでしょうか Yahoo!ブログ

皆さんのブログでも記載されていますが、Yahoo!ブログがサービス終了ということです。
ブログってウェブ上のログなので、写真やらデータやらが残せて便利なんですよね。TwitterやFaceBookなんかでも残せるんですが、いかにも「日記」的なところがおじさん世代にはしっくりくると思ってます。

さて、どうしましょう。

幸い、ほかのブログサービスでこれまでの記録が引き継げるものもあるようなので、そういったところに丸ごとお引越しってのが自分の考えです。

せっかく残した交信の記録やそのときに感じたことは残せたらいいなと思います。

しばらくは、慣れたこのブログを更新していきますので、しばらくはお付き合いくださいませ。
プロフィール

ハママツHM21

Author:ハママツHM21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR