電池式カイロ

大寒を過ぎ、暦の上では立春に向かっているとはいえ、相変わらず寒い日々が続いています。
そんな中どあるショップでこんなものを見つけました。




スマートホット エネカイロというネーミングのいかにもエコって感じのカイロです。
単3電池2本で温まるということらしいです。




この金属板が電熱線によって温められて、カイロの役割をするようです。
カイロというより鏡としても使えそうな輝きです。




アルカリ電池だとそんなにエコな感じはしないので、ニッケル水素電池を入れてみました。
この充電池は、100円ショップで買ったものです。1300mAhの容量があります。




放射型温度計で測ってみると40度半ばの温度で温まるようです。これなら普通にポケットに入れてカイロとして使えそうです。

ただし電池の持続時間は2時間程度です。これを短いとみるか、がんばったほうだとみるかは使い方次第です。
例えば、通勤や通学で1時間程度屋外で使うのであれば、往復で使えます。鉄粉を使ったカイロだと発熱を止めるには酸素の供給をストップさせる必要がありますが、こいつはスイッチ一つで停止できます。
職場では、電源があれば充電できるので使うには案外十分なのかもしれません。
長時間使いたければエネループプロなどの高容量の充電池を使えばよさそうです。

ところでおいくらだったのかって?某ショップでは衝撃の「50円」でした。ということは某ショップとは100円ショップではないということです。まだそこそこの数が残っていましたが売れてはいないようです。
エネループを使うカイロがあったかと。こいつには機能はほとんどありませんので単純に比べられませんがそれに比べてたら破格です。
Amazonでも取り扱いがあったようですが、現在は在庫なしです。
でも普通に考えれば、100円ショップで鉄粉を使ったカイロを買えばすぐに使えて便利ですよね。
しかも、単3の充電池が余ってる人はそんなにはいないでしょうしね。
(あ~自分はたくさん余ってます。)
ちなみに自分は2個買ってます。使えなくなってもスイッチ付きの電池ボックスとしては使えそうですから。
(本当は単純に安かったから2個買ったというのが正解です)



スポンサーサイト



1月27日(金)ランチタイムのショート運用

今日の天気はこれまでと比べて暖かになるとの予報。これはもしかしてお空にも何か変化があるかもしれないと予感していた矢先、ランチタイムには沖縄方面から電波が飛来との掲示板の書き込みに、いてもたってもいられず、車に積んでいたハンディ機を取り出して自称「おきなわポイント」へまっしぐら。
自分のランチタイムは短いので本当にショート引用しかできない。
ポイントにつく前に8chからはおきなわからの電波らしき変調が聞こえる。
各局も交信中で、レポート交換の声が聞こえる。
「メリット5……RJ410からです」「ファイブスリー、ファイブスリー」おや?メリットでのレポートとRSレポートが混じる。
なんと8CHでは2局の沖縄局が聞こえている。 おきなわ祭りか??

自分のランチたタイムもあとわずかとなったところで、おきなわRM603局に自分のコールサインを拾っていただく。しかし、こちらのレポートが伝わったかどうかの感触がない。「マイレポートおねがいします」とのRM603局のリクエストに「ファイブスリーごとさん」を繰り返す。
落ちたか?!とおもったらほかの局との交信中だった。自分のレポートが届いたかどうかの感触が得られないままランチタイムが終了し撤収。

写真を撮る間もなくちょっと不完全な交信でしたが、電離層からの電波は確実にこちらに届いていました。

明日も飛んでくるといいなあ。

特小機なのにCB!?

昨年の今頃オークションでSHARPの特小機であるCB-T10を落札しましたが、液晶表示がないトランシーバーを取扱説明書なしで使いこなすのはできないと感じて、普通の単信トランシーバーとしてオンエアミーティングで1回使ったこっきりになっていました。
いわゆる「お蔵入り」状態だったのですが、最近同じ機種がオークションに出されてしかも取説付きだったので思わずポチりました。




ほかに入札する人もなく、開始時の価格で落札。取扱説明書の価格って感じです。

どうやらそこそこの機能が組み込まれているようです。

通話モードには3種類あるようです
ハイセレクト トーンスケルチと秘話(音声反転いわゆる10番A)
セレクト   トーンスケルチ
ノーマル   トーンなしの普通の交信

オートパワーセーブ 10秒以上操作がないと間欠受信になる
オートパワーオフ  2時間以上受信も操作もしないと電源が切れる

充電池パックの充電機能 専用充電池を外部電源端子に入力すると充電できる

トーン番号の設定はずらりと並んだLEDの点滅などによって決めるようでちょっと面倒です。液晶画面がないので致し方ありませんね。

驚く機能が!!




アンテナが伸びます!!!
以前入手した時にはこんな機能には気づきませんでしたが、取扱扱い説明書にはしっかりと書かれており通話の時には「アンテナを伸ばす」とされています。
こんなの初めてです。通話距離に違いが出るか実験してみたいですねえ。

今回落札した個体は実働品で、電池を入れるとすぐに交信できました。変調も悪くないようでもしかしたら秘められた実力の持ち主かもしれません。
何しろ当時の定価は1台33,000円でしたからね。さらに作っていたのはJRCだったとか。侮れないかも。




オリンポス 使用レポート②

世間でうわさ(?)のオリンポスのリチウムイオン充電池ですが、そのままではアルインコの充電器での充電ができません。
DJ-P23Lで使える電池は単三型乾電池2本、単三型ニッケル水素電池2本、純正のリチウムイオン電池1個のいずれかです。

乾電池は充電ができない(できないわけじゃあないが一般的でない)ので、充電池と区別する必要があり、外部電源端子からの充電を切り替える設定があります。
設定をONにしておくとニッケル水素電池を入れたまま外部電源をつないだときトリクル充電してくれます。乾電池とニッケル水素充電池は自動的に判定できないので、設定で切り替える必要があります。

純正のリチウムイオン充電池を入れて外部電源につなぐか充電スタンドに入れると、自動的にリチウムイオン用の充電機能となりからっぽの状態から約3.5時間で充電できます。
純正のリチウムイオン充電池の形状はリチウム電池のCR-V3とほぼ同じなのでオリンポスを試そうと思ったわけです。

オリンポスとセットで買った充電器で充電してDJ-23Lに入れれば普通に使うことができます。しかし、オリンポスをDJ-P23Lに入れたままでアルインコの充電台に入れても充電できません。
ちなみにオリンポスはカメラ用に販売されている充電式のCR-V3です。




左がアルインコの純正品で右がオリンポスです。 あ、オリンポスは本当の名前じゃありません。本名は???RCR-V3なのかな??

純正品はでっぱりがあるのに対してオリンポスはそれがありません。
たぶんこの違いが充電制御の何かに影響しているんだと思います。

でっぱりと同じようなものを使えばリチウムイオン電池だとDJ-P23Lが認識するかもしれません。




消しゴムをちょん切って入れてみました。




おおっ!充電が始まったようです。




「LiCHArGE」と表示されているのでイケるんじゃないかと。


今日の結論

①DJ-P23Lは純正リチウムイオン充電池のでっぱりで電池の種類を判断していた。
②消しゴムででっぱりの代わりを作ればCR-V3型の充電池「オリンポス」も充電できる。

あとは充電後にどれだけの時間使えるのかということですね。
この記事はあくまでも実験的に行ったもので、もし似たようなことをされる場合は事故責任…?じゃなかった自己責任でお願いします。

沖縄からの電離層反射電波飛来!!

ランチタイムに何気なく掲示板を見ていると、沖縄から運用報告が上がっています。
時間は13時、自分のランチタイムはそろそろ終了の時刻。
3chで待機との情報もあり、そわそわ。
車に積んでおいた870を取りに行き、アンテナを伸ばして3chをワッチするもなにやら海外局が聞こえるが、おきなわ局は聞こえず。 
ならば8chにQSYするとかすかに何か日本語が聞こえてました。
おきなわOS404局とはっきりと聞こえます。京都の局と交信中の様子です。
しばらくワッチ。交信が終わったタイミングでコールするも届いていない様子。
ランチタイム終了まで数分となり、焦り気味にCQを出すも「…………」。
 
ランチタイム終了~~~~。

残念でしたが、今年初めて電離層反射の電波をとらえることができました。 
月曜伝説だったのでしょうか? 明日は飛んでくるかな?

ブラックサンダー

ブラックサンダーという有名なお菓子が豊橋市で作られているらしいという情報をひょんなことから知って、蔵王山にフリラ運用でかける前に立ち寄ってみました。



チョコレート直売というなんという甘いささやき!!




本日のラインナップも掲示されています。
どれどれと覗いていたらスタッフの方が「どうぞお入りください」と店内へ招いてくれました。外は雪景色で猛烈に寒かったので気を利かせてくれたのでしょう。

店内は箱買いオンパレード! すべて試食があるので、味が試せます。
ああっ!どれもおいしい。迷うなあ。たくさん買っていっても食べきれないし、かといって買わないと後悔しそうだし……。

まず選んだのがコレ



豊橋のお土産として限定販売されているものだそうです。これは買うしかないでしょ。




きなこ入りのブラックサンダー。こんな味のもあるんですね。




デラックスミルクチョコレートを小さく包装したもので、市販していないと書かれています。工場でないと買えないのかな?
そのほかにも白いブラックサンダーなどお土産にもよさそうなものがたくさん。見るだけでも面白いです。

2000円以上買うとおまけがあると書かれているんですが、すぐに2000円は超えてしまいました。

もらったおまけがコレ



おまけというと普通は1個か2個何かくれるものですが、「1箱」いただきました。
有楽製菓さん太っ腹です。
蔵王山運用の際に立ち寄る楽しみが一つできました。


第25回UHF-CBオンエアミーティングに参加しました

全国的な寒波の中、第25UHF-CBオンエアミーティングが開催されました。
こちら浜松市は毎年積雪どころか、降雪もあるかないかという土地ですが、さすがにこの寒波で雪が積もりました。




さてオンエアミーティングですが、キー局の運用地が伊吹山から南宮山に変更になったとアナウンスがありました。
この寒波で伊吹山山頂は無理でしょう。自分がやれって言われたら「無理」って言います。

自分は、車運用ができそうな蔵王山へ向かいました。完全見通しではないので不安もありましたが、何とかなるでしょうということで。




蔵王山に向かう道ですが、完全に雪がかぶっていて、まるでスキー場に向かうようです。
スタッドレスタイヤ履いているので、それほど不安なく登りましたが、慣れないとノーマルタイヤでは滑っちゃうかもしれません。




頂上に到着しました。積雪は5センチくらい。展望台につながる階段はなかなか雪が解けないらしく、結構積もってました。




キー局が運用するであろう方面は、雲がかかっています。
たぶん、雪の降る中での運用ではないかと思われます。

今日の交信
特小単信
ながおかHR420局 M5/M5 キー局運用お疲れ様でした。
シガAZ279局  M5/M5 キー局と同じ南宮山からの運用。
ハママツAZ385局M5/M5 蔵王山の展望台にいらっしゃいました。その後アイボール。

北勢レピータ
ミエYC87局 M5/M5 四日市のコンビニ駐車場からとのことです。

豊田南(?)レピータ
トヨタK115局 M4~M5/M3~M5 自宅に設置されたレピータのようです。

デジタル簡易無線
トヨタK115局 M5/M5 豊田南レピータ交信後にDCRで交信しました。

CB無線
ナゴヤTA927局 52/54 名古屋港からとのこと。感度の良いリグをお使いのようです。

アイボール
なごやGT21局 自分が蔵王山に到着して寒いから外に出ようか迷っていたら、お隣に駐車されてこんにちわ。寒い中DCRのビームも設置して気合が違います。

ハママツAX385局 単信のシンプレックスで強力に入ってきたのであたりを見回すと、ガラスの展望台に人影が。アイボールとなりました。

偶然ですが3局でアイボールとなりました。こんな出会いを作ってくれたのもUHF-CBオンエアミーティングを企画してくださった皆様のおかげです。

この雪で、事故も起きていました。国道1号線では蔵王山に向かう下り線で新居町に入った海岸沿いで4台が別々にスリップによる事故で路側帯に停車して救援待ちでした。帰りは23号線の東向けで側溝にはまってた4WDが。国道1号線でもやはり新居町の海岸沿いで救援中でパトカーがいる1台が。慣れない雪道はやっぱり慎重に行かないといけませんね。

第25回UHF-CBオンエアミーティング

FLRM2017のページによると、1月15日(日)に第25回UHF-CBオンエアミーティングが実施されるとの案内がありました。 
キー局はながおかHR420局で運用地は伊吹山山頂だそうです。 
 
これはぜひ迎撃に赴かねば。  
 
むむ?ただ気になる記述があります。「悪天候が予想される場合」との書き出し。これはキー局と悪天候との関係をおもんばかったものなのか、ただ単に、天気予報だと今週末は天気が悪いかもってことなのか……。 
 
そういえば第23回のオンエアミーティングでは、霧に阻まれて視界がよくないとのレポートがあったような。 
 
しかし、迎撃とあらば、自分の運用地も考えなければなりません。浜松市竜頭山は冬季の道路閉鎖により車で行くことができません。歩いて登ればなれた人なら2時間で登れるのだとか。いや~~自分には無理でしょう。 
前回は愛知県の本宮山に移動しました。しかし人気はまばらで寒そうです。では蔵王山かなあと思い、カシミールで調べてみました。

伊吹山と蔵王山




どうやら見通しで距離は約117Km。 ちょうど面白そうな距離です。

天候によってはキー局が南宮山からの運用となるらしいので南宮山と蔵王山をカシミってみました。



ぬお~~~何かが引っ掛かり完全な見通しではないようです。回折を期待するしかないのかもしれません。

ちなみに南宮山から本宮山はこんな感じ



本宮山付近に怪しいとんがりがありますが、見通しっぽいです。

寒さに負けて、車からワッチできる蔵王山に行くか、より確実に届きそうな本宮山に行くか迷います。

あ、そうか、キー局が吹雪山…じゃなくて伊吹山で運用してくれれば蔵王山でもよさそうですねえ。でも伊吹山は雪の影響などもありそうですし、難しいかもしれませんね。安全第一です。お遊びの世界ですから。

ささやかな幸せ

 今日職場で「○○さん、今日お誕生日ですね。おめでとうございます。」って言われ(そうかまた一つ年をとったんだっけ)って。ところでなんで誕生日知ってるのって聞いたら「Facebookでお知らせが来ました」とのこと。慌てて放置気味のFacebookに行ったら皆さんからお祝いにメッセージが到着していました。
ありがたいやら、はずかしいやら。

仕事を終えて家に帰ると




これまたささやかな幸せが待っておりました。
浜松市ではちょっと名の通った「洋菓子の森MIGNON」のケーキです。

正月に会ったいとこが働いてるって話したら、うちの奥様も「大学生の時アルバイトしてた」とちょっと自慢気。店構えもケーキやお菓子の見せ方もちょっとおしゃれな洋菓子店です。

家族の誕生日にケーキを食べられるのは幸せなルーティンですよね。

Canonのトランシーバー?

ベルトの取り付け金具を無理やりつけたSR-01ですが、気になっていたことがありました。 
それは「ベルトの金具」です。



取り付けたベルトは100円ショップで買ったものなので、金具でSR-01と接続します。その金具が本体に当たって傷がつかないかなあってことなんです。ベルト取り付け金具が小さいのでRJ-580についているような幅が広いベルトは着けられません。何かいい方法はないかなあと探していたところ「カメラのストラップ」がいけそうな気がしてきました。一眼レフを首からつるすストラップならば強度的にはよいのでは……。



 
ヤフオクでポチってました。100円のストラップです。CanonDIGITALって書いてあります。送料が140円だったので総額240円 むー安くっていいじゃな~い。 
 
早速取り付けたのがこちら。





 
100均のベルトもよかったんですが、これもいいかも。ただ長さの調節ができないんですよね。 
 
いじってばかりじゃなくって、交信しろって? ごもっともです。

左腕が上がらない……五十肩か?

 それは突然やってきました。
連休の中日、8日に家族で初詣に行こうという話になって、車に乗りエンジンをかけてシフトレバーに左手を伸ばそうとしたとき!!
 あれ?力が入らない。手元からわずか30センチくらいのところにあるシフトレバーに手が進まない。
 えい!と伸ばそうとすると手が震え、左肩に激痛が!!
 うお~~何だこりゃ?自力で腕が上がらない。
 腕を下げていればなんともない。だが、体から左腕を離そうとすると痛い。
 もしかしてこれが五十肩か? 年齢的にはしっかりとあてはまってるし。

いや、少し心当たりがあるぞ………。

連休の後半は天気が良くないらしいとの予報。なので初日の7日にふらっと自宅から2時間ちょっとのスキー場に行ったのでした。 




8時30分頃に到着し準備を済ませて、ゲレンデへ。
バブルのころの混雑はどこへ行ったのやら、まったくリフト待ちはありません。
年末に行った野沢温泉スキー場では、ところどころリフト待ちの列が発生していましたが、常にあるわけではなく、5分くらい並ぶリフトも、次の回では待ちなしだったりすることもありました。
このゲレンデは、ほとんどリフト待ちがなく何回も滑ることができます。ただし、コース自体は短いので、1サイクル6~7分といったところ。休憩を挟みながら午前中だけで20本以上は滑りました。



しかし、まだまだ雪不足のようで、滑ることができる範囲は限られています。ところどころ降雪機特有のアイスバーンもあり、結構足が疲れるなあといった印象です。
9日に全国的に降雪があったのでここにも雪が降ったかもしれません。

ゲレンデのすぐ近くに駐車場があるので、昼食後はしばしお昼寝もでき、単調なゲレンデを除けばそこそこ快適です。

午後の部も順調に滑り出し、リフト1回の単価が100円を切ったころで、まるでインターバルトレーニングやルーティーンみたいになってきて「そろそろもういいかな」と思い始め、「よし、今日はこれで最後にしよう」ときめて1本滑り出しました。
最後だからゲレンデいっぱい広く滑ろうと思って、雪のあるぎりぎりまで滑ってターンしたところに思いもよらないギャップが!!
しかも雪じゃなくってガチガチの氷の上にガツンと載ってしまい、ジャンプとともに右の板のビンディングがリリース! あ~~って思ったときにはリフトの近くで恥ずかしいくらいにクラッシュ!!
かたいゲレンデにたたきつけられたのでした。

そうだ!その時に左腕から落ちて全体重がかかったんだ!と。

転倒直後は、痛いには痛かったのですが、外れた板を履きなおして、最後まで滑っていけたので「だいじょうぶかな」って思ってました。
さらに、そのまま車に乗って2時間運転して帰宅したので、打撲はしたけどけがというほどではなかったと思ってました。脱臼や骨折ならずっと痛いはず。それにどこも青くなったり腫れたりはしていませんでした。

が、翌日最初に書いた異変に気付きました。どうも転倒の時の影響だったようです。
あ~よかった五十肩じゃなくって!
え?全然よくないって?これを書いている10日の時点では、シフトレバーには問題なく手が届くし、痛みはあるものの腕も上がるようになってきたので、ま、こんなもんかなと。
肩の靱帯ちょいと伸ばしちゃったかなって感じでしょうか。


アルミケースにRJ-580

SR-01は、ドンピシャというアルミケースが紹介されていていいなあって思ってます。浜松市内のホームセンターでも扱いがあるようで、買っちゃえばすべてが丸く収まるというのに、今あるプラケースが思いのほかよさげでいまだ買っていません。
そうこうしているうちにこんなものを見つけました。




この大きさで1280円とかなり安い。
昔、カセットテープを何本も入れていたケースになんだか似ています。
早速買ってSR-01に試しましたが、ちょっと小さい。
あ~やっちまったかあ。しっかり大きさ測っていったわけでもなく、大体で買ったから仕方ありません。
じゃあ、RJ-580はどうだ!!




おーっ 入りました。ちょっと向きが変なのかもしれませんが、アンテナが当たることもなくいい感じです。外部バッテリーも収まるスペースもあります。

今までそのまま車のトランク部分に放っていたこと思うと、安心感があります。
自宅では立ててしまうことができると、スペース的にもいいですねえ。

アルミケースいいですねえ。
え?SR-01用の例のケース買えって? いずれ……。

車での特小運用

市民ラジオと特定小電力無線はアンテナが本体についているものしか使えないため、基本的にアウトドアでも運用となります。
が! 寒い。ロケーションの良いところはなおさら寒い! できれば車から運用したい。
市民ラジオは、PL660(中華BCLラジオ)の外部アンテナ端子に28MHzのモービルホイップをつないでワッチができます。
特定小電力無線は、アマ機でこれも外部アンテナで受信ができます。
しかし、どちらも送信はできません。そもそも、市民ラジオのアンテナは長いので走行中の車内では無理。
特小ならば車で走行中でもレピータにアクセスできるので何とか走行中でも特小が使えないかと思っていました。

① 電池やバッテリーでそのまま運用
② 外部電顕端子のある特小機に車のバッテリーから給電

のいずれかが思い浮かびます。
①はお手軽ですが、バッテリー切れを気にしなくてはならず、使いたいときにバッテリー切れってこともあります。
②ですが、以前はDJ-R20Dに車のバッテリーから給電していました。20Dは電源電圧の範囲が広く、特別なことをしなくてもそのまま使えます。重宝していましたが、メモリー機能がない(と思います)ので心に決めたチャンネルしか走行中にアクセスを試すことができません。
その点DJ-P23Lはメモリースキャンもできる優れもの。だがしかし、外部電源の電圧範囲が狭く、直接車のバッテリーをつなぐことができません。
何かで電圧を調節する必要があります。

スイッチング式だとノイズ対策が面倒そうなので、LM317あたりで電圧を決めてやれば使えそうだということはすぐに頭に浮かびました。ちょちょいと調べると1個100円しないではありませんか。10個まとめて買えばもっと安い。いや待てよ「何に使うんだコーナー」が増えるだけだ!
どうする?
おおっLM317を使ったモジュールがAmazonで売られているではないか!!しかも放熱板付きで、ポテンションメーターも付いて接続端子はねじ止めするだけのお手軽さ。しかも価格が100円とちょっと。?????LM317と放熱板だけでたぶん100円は超えてくるんじゃないかなあ?
しか~し「舶来品」らしい。使えるのか?でも背は腹に代えられんということで、カートに2個放り込んでポチ、ポチ、ポチっとな。




舶来の高級品(?)なので、プチプチにくるまれてポストに放り込まれていました。



ちゃんと2個入っていました。何しろ輸入に時間がかかるので、1個は保険みたいなものです。




送料込みで100円ちょっとって、いったいどうなっているんでしょう?
青いポテンションメーターについている金色のマイナスねじを回すと電圧が変化します。6Vくらいになるように調整しました。




小さなタッパにドリルで穴をあけて配線(というほどではない)。

すでに、車の電源からは下のようなので分配していますので、ここから先ほどの基盤に給電します。タッパばっか使ってますね。50Wとか出す局だとこんな貧弱なものじゃダメでしょうが、基本QRPなので良しとしています。




カーペットの下やら、ドアのゴムの内側やらをはわせて特小機に給電します。




おー ちゃんと使える!!

これで、電池の残量を気にすることなく、走行中にレピータのアクセスを試すことができます。
だからなんだって?  自己満足ですっ!!


SR-01 ベルトフック金具

年末年始オンエアデーやらQSOパーティーやらでみなさん交信を楽しまれておるようですね。
自分は、いまだ新年の運用を果たせていません。

さて、SR-01にハンドル付けたり、ベルトフックをつけたりされている記事をよく目にします。
SR-01には取り付け用のねじ穴がはじめから切ってあるので、金具さえ作ればそれらを取り付けられそうです。
とはいうものの、金属の板や棒を買ってきて切り出しからやるのはなかなか面倒なので、何かいい金具が販売されていないかホームセンターや100円ショップを物色してみました。

それらしい金具を見つけました。




ロボットの顔みたいな金具を見つけました。
ねじ穴の幅がSR-01のねじに合うかどうか?でしたが「ダメだったらけずりゃいい」と思って買ってきました。

ねじ穴にあててみると



少し穴の位置がずれています。
2ミリくらい削れば何とかなりそうです。




ゴリゴリゴリゴリ……  ステンレスって結構固いんですね。アルミだったらもっと楽だったかも。




外側に穴の位置を広げました。こちら側が使えれば皿ねじで美しいんですが、さらってあるところまでは削れなかったので、裏にして使います。




超低頭ねじを使ってみました。素人工作にしちゃあ上出来です。




こんなベルトを買ってきました。ダイソーです。つまり108円。




こんな感じでベルトをつけることができました。肩にかけて運用することはないと思いますが、ついていると「それなり」の格好になります。
完全に自己満足ですね。ベルトまで含めて500円以内でできました。

フィールド運用の時にヘッドフォンの端子から砂ぼこりなんかが入るかもしれないのでこんなのをつけてみました。




通称「音屋」のサイトに結構安く穴をふさぐゴムがあるようなのですが、送料のほうが高くなる感じ。以前「音屋」で送料無料になる1500円までギターのピックを買ったんですが、素人ギタリストが一生使える分ぐらい買えました。ピックとの合わせ買いは自爆行為です。
なので何かいいものがないか探していました。




シリコンの耳栓です。これも100円ショップ。




余分なところをカッターで切って差し込んでいます。6個も入っていたので、もし何かの拍子になくしても、大丈夫です。通販だとそういうわけにはいきませんね。



あけましておめでとうございます

2017年が明けました。
こちら浜松市は天気予報通り穏やかな正月となりました。
家族で新年のあいさつをして、お雑煮とおせちを食べるという当たり前の普通な元旦です。
当たり前で普通のことって、実はすごく幸せなことなんでしょうね。
この幸せなことがまた続けられるといいなあと思います。




道の駅「千曲川」で食べたタコライスです。見た目はなんてことないタコライスですが、地産地消のメニューだそうです。
グローバルな社会に生きていながらこう言ったローカルものにひかれるのも「人」だからなんでしょうね。
幸せのヒントがここにあるような気がします。
プロフィール

ハママツHM21

Author:ハママツHM21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR