おわり さようなら

本日の正午で船舶気象通報(通称灯台放送)が60年の歴史に幕を下ろしました。
ブログなどでも多くの皆さんが記事としてアップしておられます。
昼間ではほとんど聞こえないので、昨晩(9月29日)に中華ラジオとぐるぐるワイヤーアンテナを持参して天竜川河口で最後の受信をしました。

ここ1か月で何回か受信をして報告書を送っていたので、今日はその音声を残そうとビデオカメラも持参です。




ビデオライトもあったのですが、近くをとるには光量が大きすぎるので100均で買ったランタンを光源としました。
ぐるぐる巻きのアンテナは、10mほどのロングワイヤーアンテナがついています。




こんな感じで1時間撮りっぱなしにしました。

長い間、お疲れ様でした。子供のころからあったものが無くなるというのはさみしさもあり時代の流れを感じるものでもありました。

本当に「おわり さようなら」
スポンサーサイト



灯台放送残りわずか

灯台放送がその役目を終える時が迫ってきました。今まで自宅で放送受信をしていましたが、少しでもはっきりとその放送をとらえようと海の近くに出かけました。




場所は天竜川の河口付近です。
ぐるぐる巻きにされたPL660の先には10mほどのロングワイヤーアンテナがついています。
青色のファイルには、各灯台の放送時間が印刷されたものが入っており、確かめながらメモ帳に風向、風力、気圧、波の高さなどを書き込んでいきます。

さすがに海の近くでは、自宅に比べて信号強度が強く、明瞭度の高い放送が聞こえてきました。

ただし受信に出かけた23日の夜はサージノイズが激しく「バリバリバリ」と入感しました。さらに霧雨のような雨が降りっぱなし。




仕方なく、車のバックドアを屋根代わりにして受信することに。
22:30頃から24:00くらいでほとんどの放送をコピーすることができました。2局ばかりはしゃべっているのはわかる状態でしたが気象はコピーできませんでした。
8月の終わりから自宅で受信したものを含め、3回の受信をしました。
いずれも、聞き取れたものはすべて受信報告を出しておきましたので、何局かはお返事をいただいております。

残りの日でもう1回聞き残した局の受信に挑戦したいですね。



ハゼ絶好調

先日の秋オンでも同じような画像を掲載しました。




ちょっと違うのは、右下に何か写っちゃってるってことですかねえ。
今日は、テレビでいろいろ報道されている浜名湖でハゼを釣ってきました。
右下にあるのは、ハゼ釣り用の仕掛けです。




大きな事件が起きたところですが、普段は静かな湖です。今日も無駄に長い6mのカーボンロッドで探りを入れます。

すぐに「ぶるっ」というアタリがあり、コンスタントに釣れ始めました。
2週間前に来た時と明らかに違うのは、ハゼの大きさです。平均的な大きさが結構大きいんです。
手ごたえのある釣りを楽しみながら2時間の釣行を終えました。




トータルでは50匹程度と数では2週間前と同じですが、重さが違います。大げさに言うと2倍近く重いです。




まな板に並べるとこんな感じ。魚が大きくなったのでさばくのはちょっと楽です。




背骨もから揚げして骨せんべいにしました。いつものことながらビール促進剤です。
背骨もこれまでのハゼよりもしっかりしてる感じですね。

今年は、いつまでハゼ釣りを楽しめるかな。

台風はいずこへ

昨日台風16号が、こちら浜松市に接近する予測があったので、河川の増水や土砂崩れの心配がある自分の職場では、その進路をずっと気にしていました。
実は、自分が子供のころ、七夕豪雨によってこの職場付近は河川が氾濫し、橋が流され民家が水没する被害が起きています。
自分の祖父の家も被害を受け、復旧の手伝いをしに行きましたが、道路が川のようになっておりドジョウがたくさん泳いでいたことを覚えています。
今でこそ河川改修やダム設置で水害はそれ以来ありませんが、そのパワーを持っている河川には違いありません。

暴風警報が午後2時過ぎに発令されたため、いよいよかと思い、職場でも休暇をとって自宅に戻る人がいたり、定時には帰れるように仕事を進めたりとあわただしい雰囲気でした。

自分も定時を少し回ったところで、皆さんと一緒に職場の門を閉め帰宅の途につきました。

午後8時ころにこちら浜松市に最接近の予測でしたので、庭にあるプラスチックのバケツやコンテナを玄関に押し込み、雨戸を閉めて台風に備えました。

が、雨足が強まることもなく突風が吹くわけでもなく、台風はここ浜松市付近で台風でなくなってしまったようです。

幸いこちらでは大きな被害はありませんでしたが、この台風で被害にあわれた方もいると報道されていました。少し複雑な気持ちですが、水害等にあわれた皆様の復旧を願わずにはいられません。

さて、今日は11mを聞くとキュルキュルの奥に仲間の日本語が聞こえました。



今日の受信
クマモトM32局 51 呼んでみましたが届きませんでした。次回に期待です。
オキナワRM603局 51 きゅる~~~の奥に聞こえました。
                      いずれも8chでした。

明日はどうでしょう。雨かなあ。

秋のオンエアデー参戦!!

9月18日は秋の一斉オンエアデーでした。
しかし、朝からあいにくの雨。天気予報を見ても、晴れるという期待はほとんど持てません。
少し迷いましたが、ブログで予告した竜頭山方面へ向かいました。




天竜川の堤防を北上していきますが、ワイパーで拭った直後でも雨粒がフロントガラスに打ち付けます。
なかなか手ごわい雨の予感です。




秋葉山の上社の駐車場にたどり着きましたが、ご覧のとおり霧というか雲の中というか、視界はかなり不良です。駐車場には1台も車はありません。

さらに天竜スーパー林道を北上します。




アスファルトの道路の真ん中に「ゴロッ」とした何かがあったので止まりました。

近づいてみると




ヒキガエルでした。体長は20センチ近く。ニホンヒキガエルだと思われます。雨だったので道路上に出てきたのでしょう。秋葉山から天竜の森駐車場までの間で8体のカエルに出会いました。

道路上だけでも8体なのですから、山の中はもっとたくさんのヒキガエルが棲んでいるのだと思われます。




林道ですからところどころ土砂崩れがあり徐行。
さらに、雨で垂れ下がったススキが道の両側から道路に向かって飛び出していて車を撫でます。広葉樹やつる性の植物も容赦なく垂れさがっていて、モービルアンテナに「カコ~~~ン」となっちゃいます。




天竜の森駐車場に到着。この方向に御岳山などが見えると看板に表示されていますが、まったく見えずっていうかひどい雨で車からおりられません。

あきらめて、朝食をとりながらDCRを受信。
早い時間だったので、どうかなと思いましたが2局と交信。
しばらくして雨が一時的におさまったので、竜頭山に登る決意をして準備を進めます。




トイレによったらこの表示!! 出会ったらどうしよう。




まずは長靴装着。歩き始めは雨も収まっていましたが、ほどなくしてかなりの降雨となりカッパも装着。山登りの高級カッパではなく、魚釣り用のちょっと重たいカッパ。長靴も魚釣りの時に使うやつでしたっけ。




展望台につきました。気温は17℃!! そこそこ寒いのですが、カッパのおかげでそんなに寒さを感じません。
展望台は東屋があって、屋根もあるのですが、風が強くまったく雨を防いでくれません。仕方なくカッパと長靴のまま運用を開始しました。




TPZ-D553は「アメリカ国防総省軍用規格MIL-STDの11項目に適合。さらに、IP67相当の防塵・防浸性能に対応。粉塵・水没から無線機を守ります。また、急な悪天候など雨の水圧にも耐えうる防噴流設計IP55にも対応。」ってなってます。だから雨にぬれても大丈夫なはず。
というわけで、重たいCB機をかついで登ったにもかかわらず、デジ簡のみの運用です。

いつもなら登山してきたみなさんでにぎわう場所ですが、今日登ってきたのは1人のみ。「今日は無線の特別な日で、いろいろな山に登っている方と交信するイベントなんです。」と説明したところ少し興味を持っていただいたようでした。ただ「まだここにとどまるんですか?」と驚いた様子。

竜頭山展望台では12局と交信したところで、雨がさらに強くなってきたため、下山を決意。滞在時間2時間20分とこれまでで最短でした。

車に戻りましたが、やっぱりCBでの交信がないのはさみしいと思い、PL660と外部アンテナで受信してみます。




何局かの交信が聞こえてきましたが、外は土砂降り。リグをやたらに濡らしたくないので、確実にイケそうな局にターゲットを絞り、時を見計らって、傘をさして車外に出る作戦に出ました。

CBで5局と交信できました!!みなさんリグを濡らす覚悟で運用されている方ばかり。その心意気に感動です。

写真を撮り忘れましたがRJ-380を使っての初めてのそこそこ長距離交信ができました。
RJ-380は消防団なんかで使われていたこともある、少しの雨でも大丈夫な仕様ですが、受信感度はあまりよくありません。なので電離層反射はまだ未経験のリグです。

今日の交信
DCR
ハママツNK34局 M5/M5 浜松市中区からありがとうございました。
スイタIN046局   M5/M5 青山高原移動!!
アイチEF156局    M5/M5 蔵王山 ガスっていたようですね 
ナゴヤCE79局      M5/M5 名古屋港 曇りとのレポートありがとうございました
ミエAA469局     M5/M5 四日市 やはり曇りとのことでした
アイチMS17局     M5/M5 豊橋市前芝 モービルからありがとうございました
しずおかDW33局   M5/M5 奥浜名湖展望公園 DCRでは初めてかも!?
とうきょうBI275局 M5/M5 八丈島 そちらはお天気が良かったようで
ハママツAX385局  M5/M5  中区萩丘 前回も竜頭山からでした
シズオカNH781局   M5/M5 島田市 いつもコールいただきありがとうございます
シズオカTR219局   M5/M5 御岳田の原駐車場 お久しぶりです!
オオサト59局        M5/M5 山梨県 チャンネルがうまく見つからずショートで失礼しました。
カケガワLX76局    M5/M5 掛川市 コールいただきありがとうございました。
ミエAC129局        M5/M5 伊勢市朝熊ヶ岳 こちらも土砂降りでした!
ヒョウゴTF246局   M5/M5  御岳田の原駐車場

市民ラジオ

ヒョウゴTF246局  51/51  御岳田の原駐車場 RJ380での交信でした!!ありがとうございました。うれしい!!!!!!
アイチAC556局    57/53 下伊那郡移動 車の窓からアンテナを伸ばして運用されたようです。車の中に雨が入ってきそう。
ミエAC129局     51/51 伊勢市朝熊ヶ岳 デジ簡に続きありがとうございました。
シガAZ79局      51/51 伊吹山 雨の中ありがとうございました。
ギフKZ501局      51/51   伊吹山 貴重な市民ラジオでの交信でした!!

DCR中心の運用となりましたが、たくさんの皆さんが高いところやロケの良いところにどうしていただいたおかげで、楽しめました。
雨の中の市民ラジオ運用者がいてちょっと感動しました。
好きですねえ~~皆さんも、自分も。

各局様 楽しい秋オンありがとうございました。
明日の予備日ってみなさん運用に出られます??
予備日って雨のための予備日ですよね。
今日が雨だったので、明日も秋オンってことなのかなあ?



秋のオンエアデー

9月17日から18日にかけてはライセンスフリー無線の秋の一斉オンエアデーですね。
各局が、移動運用をするイベントで普段はなかなか交信できない地域や局ともつながる可能性があります。自分もどこかに移動しようと考えています。

Esの発生も落ち着いてきたのでやっぱり高いところがいいんでしょうね。

運用候補地
天候にもよりますが、浜松市天竜区の竜頭山が候補地です。もしかしたらほかの局も移動されるかもしれませんがその時は合同運用よろしくお願いします。

運用バンド
市民ラジオ いつものリグにRJ380を加えたいと思います。
特定小電力無線 オークションで落札したDJ-P23を初参戦させます。ミヨシも持って行こうかな。古い特小機も持参します。
デジタル簡易無線 TPZ-D533しか持っていないので、こいつで。
アマチュア機 C401をもっていこうかなと。フリーライセンス無線が途切れたら運用します。JARLには入っていません。カードどうしよう。

9月17日はおとなしく地上から9月18日に高いところに行こうと思います。
交信よろしくお願いします。

1chでチュークワ

こんにちは
掲示板では、今日も盛んに各局が運用されている様子です。
ローカル局が交信されているとの情報はなかったものの、ちょっと気になって少しだけ市民ラジオをワッチしてみました。

すると

「チュークワ クワ クワ クワ クワ クワ クワ」だとか「チュークワ ワ ワ ワワワワワワワ」とエコーがかかったチュークワさんが今日は1chにお目見えです。
いつもはもうちょっと上のチャンネルじゃかかったかなあ。

エコーのかかり具合の調整なのでしょうか?何回も「チュークワワワワワワ」って聞こえてました。

チュークワさんが聞こえるシーズンになったということなんですねえ。

日本語は聞こえず、30分ほどで受信を終えました。

週末の天気が気になります。皆さんお出かけなのでしょうか。

またまたハゼ釣り

明日から天気予報の傘マークがついているので、天気の良いうちにハゼ釣りに出かけました。




釣り場についたのが10:00頃。
たいていの釣りは、朝方か夕方に良い釣果となります。
なのであんまり期待できません。

写真の奥のほうに、湖水に入りながら釣っている釣り人が見えます。
たくさん釣れているかどうかは不明ですが、あまり動きがないのでたぶん釣れてないんだろうなあと想像。

でも、この釣り場でこのシーズンでは、ボウズを経験したことがありません。
先日、父親にこの場所を教えたところ、釣りに来たらしく釣果を聞くと「50くらい」とのことでした。

潮はこれから上がってくる時間帯。
潮が上がってくると、ハゼは岸に近づいてきます。岸から餌が投入されると我慢できずに食いつくようです。




今日の釣果
セイゴって呼んでよさそうなスズキが3匹
マハゼ25匹 かマハゼ 5匹

思ってたより釣れましたが、朝からきていればもっと釣れたかもしれません。

今日は家族で外食だったので、この釣魚はさばいて冷凍庫に入っています。
近いうちに、解凍して天ぷらにして食べよっと。

大王崎から受信確認証

鳥羽海上保安部より先日送った受信報告書が大王埼灯台のものであるという確認証が届きました。




ちょっとテカっちゃったかあ。返信用封筒を入れたからでしょうか、なんと大王埼灯台のピンバッジまで同封されていました。

ちょっと得した気分。

残り少ない受信のチャンス。最後まで受信したいと思います。


9月6日(火)イブニング運用

 9月に入って、電離層反射の交信はもうできないのかなあと思っていた矢先、掲示板を見ると2エリアの局が東北や北海道とつながっているではありませんか。
 いてもたってもいられなくなって、車に積んであったトランシーバーをもって自称「東北ポイント」にいそいそと歩いて出かけました。
 アンテナを伸ばしてスイッチを入れた直後から、しばらく遠ざかっていた電離層反射によるお仲間の声が飛び込んできました。



あたりは真っ暗で、小さなライトでログ帳を照らします。

浮き沈みが激しくこれを逃したら次に交信するチャンスはないかもしれないと思い、コールサインが一部しか聞き取れていないのに、コールしてしまいました。
かみかわF62局様お手数をおかけしました。当局のエリアでは沈みそうだったのでなりふり構わずといったコールでした。迷惑だったかも。

8CHではいしかり局が聞こえたので、コールしてみましたが届かず。
6CHでイワテDF105局が聞こえたのでコールして交信。
いしかり局があきらめきれずもう一度8CHに戻ってコールサイン指定で呼んでみますが空振り。
ところが、イワテAA169局から呼ばれるといううれしい誤算。
その後も、CBLした局はあるものの、自分のところでは交信できず。
18:30~19:00までの短い時間の運用でしたがスリリングでした。

今日の交信
 かみかわF62局 4CH 51/51 コールサインは想像がついていたのですが、お声をちゃんと聞きたくて、もう一度コールサインをおっしゃっていただくようにリクエストしてしまいました。お応えいただきありがとうございます。

 イワテDF105局 6CH 52/52 だんだん強力になって、交信の後に55まで上がりました。コンディションが良かったことを裏付ける強度でした。

 イワテAA169局 8CH 51/51 呼ばれたとき「じぶん?」って思いちょっとタイムラグがあってすみませんでした。むちゃくちゃうれしかったです。

 まだこれからも電離層反射による交信ができるのでしょうか? 
 そうだとすると気が抜けなくなっちゃいます。
 あ、でもそうであってほしいです。がんばれ電離層!!
 

コイル まきまき

こんにちは パイロットランプまでは何とかついたSDRですが、なぜかコイルをつけなければなりません。

どうやら、このキットは、ただ単にドングルをケースに収納するだけでなく、HF帯も受信できるように何かついているようです。

本当にひどい手探り状態です。




キットにはこんな電線がついていました。 これで空芯のコイルを2個作ります。




3mmの棒に11回巻き付けるらしいので、ドリルのビットをごそごそ探し出したら、3mmのビットが3本も出てきました。
3mmのねじをよく使っていたので、3本もあったようです。

これを2個作って、はんだ付けするであろうところをやすりで磨いて金属を露出させます。




こんなワイヤーやジャンパ用と思われるメッキ線が付属していました。
紹介していただいたページでは3色の電線が付属していると書かれていますが、そんなものはなく、これでトリファイラ巻き?にするようです。




極小トロイダルコアに、9回巻き付けます。
ちゃんと機能するのだろうか?

このコイルについているワイヤははんだを当てると被覆が溶けて導通するようです。

3本の線を合わせているので、テスタでどれが導通しているのかを確認して基盤に取り付けました。

これらのコイルの機能って何だろう? やっぱりHF帯用の何かなのでしょうか?
  




9月4日(日) 太平洋富士見平

今朝がた、こちら浜松市では雨が降っており、今日は運用はできないんだろうなあって思っていましたが、午前中にはすっきり雨も上がりました。

短時間でしたが、午後から太平洋富士見平に行ってみました。




フリラ道具一式を広げてワッチに入ります。

市民ラジオ8CHでは謎のキャリアが出ており、「ピ~~~」っとうなっています。
なんとなくピーの向こうに CQらしき変調が聞こえるものの、キャリアを押しのけてくるほどではなかったので、6CHでこちらからCQを出してみました。
松崎町移動のシズオカZZ237局からコールしていただき幸先いいなあ~~と思っていましたが、コンディションが上がっていないためか、なかなか続きません。
時折海外からの交信が勢いよくメーターを振らせますが、国内の音声は聞こえず。

あきらめずにCQを出したところキクガワSH518局とアイチKY909局と交信できました。

DCRでも2局と交信でき、2時間ほどの運用を終えました。

終始心地よい風が吹いていて、運用しやすかったです。 台風の影響でしょうか?

今日の交信
市民ラジオ
 シズオカZZ237局/松崎町 51/51 先月竜頭山に行ったときに交信していただきました。
 キクガワSH518局/佐鳴湖 51/52 佐鳴湖は自分がCBを初めて運用したところです。
 アイチKY909局/蔵王山 51/51 8CHはキャリアがでていて了解度が良くなかったです。お手数をおかけしました。

DCR
 ハママツAX385局/有玉 M5/M5 お互い1Wでの交信でした。1st交信ありがとうございました。
 シズオカHR120局/野口~佐藤 M5/M5 こちらからは1Wでしたが届いてよかったです。

各局様ありがとうございました。

SDR コネクタ LED 電解コンデンサ取り付け

何とかチップ部品がついたSDRの基盤ですが、イモはんだっぽさは否めないものの、とりあえず次のステップに進みます。




SMAコネクタが2つつきました。基盤によるとHF帯用とV/UHF帯用に分かれているようです。

てことはHFのコンバーターがついてるってこと?
だから、コイル巻くようになっているのかなあ?
まったくもってひどい手探り状態です。

miniUSBコネクタの取り付けです。




リード線とリード線の間隔が狭いため、とりあえず全面はんだしておいて、ブリッジしちゃったところにはんだ吸い取り線を当てて、ブリッジを解消します。

はんだ吸い取り線なんて何年ぶりだろう。工具箱にあったと記憶していたので探したらありました。
先端は緑色に錆びていたのでカット。本当に久しぶりの活躍です。




電解コンデンサは3個。LEDは2個です。手前のLEDは電源のパイロットランプらしいです。こういったディスクリート部品は楽ですね。

奥側のジャンパピンの向こうにチップLEDがあります。そのLEDは何のためかよくわかりません。ジャンパピンも何のことやら。




ここまでで、USBケーブルをつないで電源が来ているかを確認しました。
電源は来ているようですね。取り付けたコンデンサやらは、ドングル本体と関係ないので、もしかしたら電源回りのためのものだったのでしょうか?
パターンを追っていくと、そんな気がしてきました。

とりあえず。ここまでで一休みです。 

虹のかなた

9月に入って初めての週末。
9月3日(土)の夕方、2時間ほど運用に出かけました。
場所は、天竜川河口。遠州灘が見渡せるところです。

が、まったくのボウズ。

そのうち虹が見え始めました。




風力発電のかなたにうっすらと虹が出始めました。

だんだん、その色が鮮やかになり……   ざ~~~~~~っと雨に降られました。

東から雨がやってくるなんて、やっぱり台風の影響なのでしょうか。

これからはグランドウェーブの季節なんでしょうねぇ。高いところのほうが良いのかもしれません。

チップ部品のはんだ付け

SDRのキットですが、とりあえずチップ部品のはんだ付けに取り掛かりました。




どれぞれには、値が書かれていますが、チップ本体に何も表示がないので、混ざったらアウトです。抵抗ならテスターで何とか測れますが、コンデンサーを測る機械は持っていません。
なので、値ごとに開封して基盤につけていきます。




カバーをカッターではがしていきます。 工業的に(ふつうに)はチップマウンターで基板上に置くと思うんですが、手作業となると、超困難です。




以前ダイソーで買ったこんなピンセットが役に立ちます。
普段は閉じていて、力を入れると開くタイプです。チップをつまんで、はんだごてを当てるときに使います。




集中していないと、ほかのところにつけてしまったり、変なはんだになったりしそうだったので、途中の写真を撮り忘れました。

手順としては、予備はんだ→片方だけコテをあてて仮固定→チップを押さえながら反対の電極にはんだを当てて溶かす。→最後に最初にコテを当てたほうをもう一度加熱して完了。

うまく位置が定まらずやり直したところも何か所かありましたが、とりあえずチップ部品は基盤につけることができました。

でもちゃんとはんだがノッテいるかは微妙なところです。
チップではないディスクリートの部品ならば、目視でだいたいはんだの状態はわかるのですが、チップ部品は、小さいのでよくわかりません。

結構疲れた~~~。  ピントがこないので、目が疲れました。

続きはまた。


China からやってきました。 SDRできるか?

 以前から気になっていたワンセグチューナーを流用した広帯域受信ですが、ついにこんなものを輸入してしまいました。

 


海外で使われているチューナーを中心としてケースに収めるキットです。
チューナーだけを買って利用することも考えましたが、せっかくならばケースに入れられるといいなあと思っていたところ、海外のサイトでこれを見つけて中国から取り寄せました。

完全キットなので、チップ部品までもが自分ではんだ付けです。
さらにコイルも3つ巻くことになります。空芯のコイルを2個と極小トロイダルコアに巻くコイル1個を自作するようです。

が!!!!!説明書らしきものは一切ありません。パーツだけのキットです。
まあ説明書があったところで中国語で書かれていたらちんぷんかんぷんだし、大体こういったキットはどなたかが制作記をWebにアップしているものです。




これが基盤です。
中央に空いたところに、カバーを取り去って、コネクタなんかもはずしたトングルをはんだ付けして固定するようです。
基盤の文字を読みながら、該当のパーツをはんだ付けすることになります。
が~~~~しかし、肉眼では文字がうまく読めない部分もあるので、デジカメで撮影してパソコンの画面で確認することになりそうです。

いずれにしてもまとまった時間が必要な予感がするので、週末のお楽しみとしたいと思います。

作れるんだろうか…… オレ。チップ部品なくしそうだぁ~~~~~。
何か製作するのに参考になる良いサイトがありましたらどなたがお教え願えないでしょうか。

プロフィール

ハママツHM21

Author:ハママツHM21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR