遠州灘からQSO 5月28日(土)

5月28日(土)は浜名湖での小魚釣りを堪能した後、遠州灘海岸に出て市民ラジオを運用しました。




波打ち際まで、砂丘を歩いてきました。たくさんのサーファーが波と戯れています。
ゴールデンウィークの時に浜松まつり付近会場から運用しましたが、その1Kmほど西になります。

水辺に近付くにつれキュルキュルが強くなり、韓国語や南方系の言語が聞こえ、違法局もビリビリと聞こえます。
それでも4ch、5chには我々の仲間の声が聞こえてきました。
コールサインは聞き取れたのですが、かぶりとノイズでどのタイミングで呼んだらよいのかがうまくつかめません。しかも強弱のある各局が混線しています。しかもQSBがあり、浮かんでは消え、消えたかと思ったら浮かんでくるといった繰り返しで、呼んでもなかなか取り上げていただけません。
強い局が重なっているときもあり、ビートになっていてまるで都会の通勤ラッシュの駅のホームのようです。あ、想像ですが。自分は都会のラッシュ経験なしです。

それでも、なんとか交信ができました。

遠州灘での今日の交信
ヤマグチAA515局 51/51 
ヤマグチLX16局  52/53
ミヤザキAA515局 51/51

他にもトットリ局、カゴシマ局 オオイタ局 カガワ局 オキナワ局 クマオト局 ヒョウゴ局 をCBLでした。

釣魚が気になって、帰宅して下処理を済ませてから今度は天竜川へお昼寝運用。




静かだったので、ノイズを聞きながらお昼寝していると、うっすらと変調らしきものを確認しました。

天竜川での今日の交信

いぶりTM360局 52/51 こちらでCQを出したところ、声をかけていただきました。急落して焦りましたが再浮上、ちゃんと確認できました。
いわてIW123局 52/52 TM360局が急落したら、浮上してきました。ほとんどワンチャンスと入った交信でした。

特小広域
チバKS715/1局 M4/M5 途切れ途切れでしたが、情報をつなぎ合わせてコールサインとメリット確認です。またよろしくお願いします。

波打ち際は、たくさん受信できましたが、サーファーが波を狙っているだけあって、風もそこそこあります。風切り音が入って明瞭度を下げているかもしれません。
 




スポンサーサイト



たまには浜名湖で釣行 5月28日(土)

 ここのところ、魚釣りと言えば福田漁港ばかりでしたが、今日は浜名湖に行ってきました。
 そのわけは
 ① 5~6月シーズンは小アジを釣りたいのだが、最近福田漁港での自分の釣果が思わしくなく、気分転換をしたかった。
 ② 福田漁港は先週新しく渚の交流館がオープンして、混んでいるかもしれない。
 ③ 福田漁港は思いの外11mでノイズが多い。

なんか言い訳がましいようですが、小アジの釣果も上がっていると報じられている、浜名湖の砂揚場方面に行ってきました。




こんなところです。波もなく穏やかで、釣りやすい天気です。




この写真だと、ほとんど福田漁港のものと変わりません。
違うのは、こちらは福田漁港よりも歴史ある船着き場なので、地面に土や砂が多いことぐらいでしょうか。

結構朝早く到着したにもかかわらず、釣り人で賑わっています。すでに何かの魚がサビキで釣れているようなので、期待が高まります。

アミエビが溶けるのを待っているウチにカラバリでしゃくると、小さな魚が釣れてきます。
それでも楽しめるんですが、アミエビを付けるとさらに釣果が増すといった感じです。
ただし、同時に何匹も連なって釣れることはまれで、一匹ずつ何回も釣れるパターン。おそらく水深が比較的浅いからではないかと勝手に推測。

「サバ」「イワシ」「アジ」「カマス」「サッパ」「ヒイラギ」が釣れました。




正確に数を数えたわけではありませんが、100匹オーバーといったところ。
たくさん釣れるのは楽しいんだけど、小魚はさばくのが大変なんだよね~。
唐揚げにするにも、頭や内臓は取り除いたほうが、だれでも食べやすいので、できる限りがんばります。 できる限りですが。

気になったことが
「ヒイラギ」はぬめぬめしていて、さらに骨が強いので下処理が面倒で唐揚げにしても2度揚げしないとおいしくいただけないので、リリースすることが多いのですが、ちゃんと処理すればとってもおいしい魚です。
各地で釣れると思うんですが、自分は俗名「ネコマタ」と呼んでいます。猫もまたいで行ってしまうほど不人気だと言うことでついた名前だと聞いたことがあります。「ネコマタギ」とも言うかたもおります。
今日は周りのみなさんは「ゼンメ」と呼んでいました。愛知県ではそう呼ぶようで、静岡県にありながら浜名湖は愛知県にみなさんにも愛されていることがわかります。自分のとなりに釣り座を構えたかたは、豊川のかたで、月に1回は船で沖に出ているのだとか。ちなみに「ゼンメ」という名前はどんな釣り人にもかかってくれるお人好しな魚という意味があるそうです。

今日の釣魚は、唐揚げになるべくショウガ入り醤油にて味をなじませております。
食べるのはあした。



やめられないとまらない

 5月24日(火)も天気が良く気温が急上昇。室内でも30℃近くまで上がりましたが、我が職場はエアコンがまだ入りません。
 みなさんのところはどうなんでしょうか?クールビズだからエアコンも控えているのでしょうか。

 蒸し暑くなればEsも発生するんじゃないかと、まったく根拠のない希望的憶測に基づき、夕方、掲示板をチェックすると、シズオカ各局もアップされているではありませんか。
 仕事がまだ終わらずちょっともどかしさを感じておりました。

 18:30を回ったところで、いったん仕事を打ち切り、ロッドを伸してみます。
 なにやら、日本語がメーターをほとんど振らさないレベルで入感しています。
 職場付近をアンテナ伸したクールビズのおっさんがうろうろします。先日、偶然見つけたポイントで、Sメーターがはっきり振れるのを確認して、コールしてみました。

今日の交信
  イワテCA29局  52/52 聞こえてすぐコールしました。
               連日ありがとうございます。
  イワテAA169局 53/53 こちらも2日連続です。うれし~~。

  ミヤギEO18局 54/54 最後はかなり右までメーター振ってました。

  アキタAO899局 52/52 899と聞こえたので間違いないと確信してコール。

  東北祭り(?)でした。 自分にとっては4局も交信できれば十分祭りです。

  まだまだ交信できそうでしたが、どうしても行かなければならないところがあり写真も撮らずに、19:00頃に撤収です。
 ノイズや混信の向こうにある局と交信するのが「無線通信」らしくていいですね。
 チャレンジしてる気分になります。

各局様ありがとうございました。 明日はどうかなぁ?


  

アクティブなイワテ局

 5月23日(月)は、気温がぐんぐん上がり、仕事中もなんだかだる~い感じでした。こんな日はEsも発生するんじゃないかと思い、夕方にロッドアンテナを伸しました。




浜松市の北区にある展望台です。自分の職場からも近く、気軽に移動運用できる場所です。

今日はいつもよりもノイズレベルが高く、メーターで3まで振っています。
これじゃあEsどころじゃないかもと思っていましたがノイズの中からは確実に日本語が聞こえてきました。

今日の交信
 イワテNZ17局 55/55QSB  ノイズよりもずっと強かったです。
 イワテCA29局 55/54    お呼びいただきありがとうございました。
 イワテAA169局 55/53    まさかのイワテ3連ちゃん
 イワテDE56局 54/54    少し前から聞こえておりました。つながって良かった~。

 イワテB73/2局 55/55    イワテ5連ちゃんか~と思ったらGWでした。
                ようこそお近くへ。
 イバラキAB399 53/53    近距離Esだったのでしょうか?
 イワテDF105局 52/51    またまたイワテと交信できました。
 カガワ2797局  52/53    変なキャリアが出ておりお手数をお掛けしました。

今日はイワテの局長さんとご縁がありました。1回の運用でこんなにイワテ局とつながるなんて、イワテ局のみなさんのアクティブさに脱帽です。

今日のCBL
 シズオカAR96局 同じ局を後から追っかけちゃいました。被せちゃったかも。
 シズオカDL8局 交信相手はこちらではまったく聞こえませんでした。まさに地獄耳です。

今日のEB
 シズオカAB635局 まさかの連日EB!実はお互いの職場が近いんですよね。

イワテ局に負けず、シズオカ局もアクティブでした。

お相手いただいたみなさま、ありがとうございました。
 

田んぼからQSO

 5月22日(日)は地元の自治会の草刈りでした。先日の雨で警戒水位に達し、決壊寸前だった川の堤防の法面に繁った雑草を、人海戦術で刈り取るものです。
地区ごとに区域が割り当てられていて、中にはエンジン草刈り機を持参する人もいます。
市民ラジオ運用中だったら、ノイズをまき散らす邪魔者のエンジン草刈り機も、今日は神様に思えます。
自分が30分かけて刈り取った面積を機械であればものの5分で刈り取ってしまいます。
我が陣営には、合計4台の草刈り機が投入されていましたので、1時間かかるところをわずか30分で終了。ご褒美のアルミ缶のお茶をいただいて帰宅です。

 帰宅すると、南の方向からの電波が気になります。いてもたってもいられなくなり、とにかく海岸に近ければいいはずだと思い、南に車を走らせます。

 ところが…… 海岸に出られないんです。 以前なら、海岸沿いの道まで車で行けたのですが、今は通行止めになっていました。何でも海岸沿いに津波よけの堤防のようなものを延々と作っている最中で、完成まで海岸に出られないようです。
 それでもと思い、天竜川の河口ポイントに立ち寄ると見覚えのある車がおりました。
 シズオカAB635局です。車に3本もアンテナ立てて万全の状態で待ち受けているようです。
ご挨拶をして、ロッドアンテナを伸します。

 


 対岸には、風力発電がくるくると回っています。こちら側はソーラー発電所がやたらとできています。
 いずれもノイズ源となるので、うまく避けながら運用地を選ばねばなりません。
 ココは多少ノイズっぽいものの、Sメーターを振らすほどではありません。風力発電側は、S3まで振れることもあります。

結果は……。 おきなわ局を呼ぶシズオカ局をCBLしたのみ。撃沈です。
目の前の池には亀がたくさん甲羅干しをしていましたが、自分が顔をのぞかせると、次々と水に入っていきました。たぶん通称ミドリガメのあいつだと思います。

 しばしAB635局とお話しした後いったん自宅に戻り、あ~でもないこ~でもない用事を済ませました。

 そうこうしているうちに夕方です。各局様はアクティブに戦果を掲示板にアップされています。しかし、時は夕食時。
 「片栗粉買ってきて」と奥様からの指令を受け、近くのお酒のディスカウントショップに買いに出かけます。
 片栗粉ってことは、今日は唐揚げか何かだと容易に想像ができます。
 せっかく揚げたてを食べられるのにスクランブル発進するわけにはいきません。しかも、冷凍庫で「揚げ待ち」だったサッパたちに申し訳ありません。

というわけで、最近水を張った歩いて1分の田んぼにハンディ機を持って移動しました。




 まだ、完全に水が入りきっていませんが、ロッドアンテナを伸します。
 お~7chでプープー言ってる~。しかもS5まで振ってる~。
 8chは静かですが、4~6chあたりがざわついています。海外か日本語かもわかりませんでしたが、だんだんはっきりとコールサインが聞こえてきました。
「……AB635」とどなたかを呼ぶ声が浮かんできます。
「……ポータブル8」というコールも聞こえました。
そのうちCQが始まります。「イワテDF105」とはっきりと聞こえます。
すかさず、呼んでみると1回でコールバック!!レポート52をもらいこちらからも52を送ります。  つながったと見るべきかちょっと微妙な感じでした。

 まさかつながるとは思っていなかったので、ログ帳を持ってきておらず、万が一2局以上交信したら、レポートとかわからなくなっちゃうかもしれないと思い、後ろ髪を引かれる思いで、夕食に戻りました。
 夕食には、福田漁港で釣ったサッパの唐揚げをいただきました。たくさんあったので、食べきれなかったものは南蛮漬けに。しばらく楽しめます。

それにしても、自宅近くの田んぼでEsできちゃうとなると、移動する楽しみが半減してしまします。移動したがために、交信できなかったとなるかもしれないからです。
でも、場所によって得意な方面がありますから、それぞれの場所の楽しみがあるはずと心に言い聞かせます。
 
今日の交信
イワテDF105局 52/52  つながった……と思います。ね、つながりましたよね。

今日のアイボール
シズオカAB635局 天竜川河口

今週もEsから目が離せません。ちゃんと仕事してますか~って言われないようにがんばります。

ありがとうございました。

 


職場からQSO

 5月20日(金)は昼間からイオノ真っ赤っかだったようで、これを書いている夜でも赤々と活動を続けているようです。
 電離層の活動と、地下の岩盤の活動であるいわゆる地震との関連があるような、ないような。もしあるのであれば、ちょっと心配です。

 とは言うものの、やはり11mが気になって仕方ありません。今日は定時に仕事を終えることはできそうになかったので、さらにそれが増します。
 勤務はなんとなく終了したけれど職場を離れることができなかったので、RJ410を片手に職場の敷地をうろうろ。
 山の斜面と、建物の間の「まず電波は届かんだろうなあ」ってところで日本語入感。
フレンド局のKY909局がどなたかを呼んでいらっしゃる様子。
 相手局の信号も確認しましたが、周りが囲まれた場所になぜ電波が落ちてくるのかがさっぱりわからん。
 いったん勤務に戻り、メールでKY909局にエールを送る。どうやら浜松市においでのようだった。

 なんとなく、勤務から解放されたので、今度は870を取り出す。




 ピンぼけ~~。周りが見通せないこの職場でも、場所によってはノイズやキュルキュルが強くなるところがあります。
そういったところには、きっと反射や何かで電波が集まっているのだろうと勝手に解釈して、ワッチを続けると、キュルキュルの奥に日本語のコールが聞こえました。
 「とうきょう… …」と聞こえたので「おおっ!近距離Esか!?」と思いましたがよく聞くと「与那国島」とおっしゃってるではありませんか。
 とうきょうGV9局でした。以前同じ場所でおきなわ局ともつながったことがあるので、もしかしたらココは「おきなわポイント」かも!?
 継続して検証が必要ですねえ~~。

 だいぶ満足して、もう一回職場に戻って仕事を(するフリ)して暗くなったところで再び運用です。




 いろんな局が聞こえてきますが、交信レベルになりません。闇雲にコールしてもだめだろうなあと思い、静かになるのを待ってCQを出しました。
 するとコールバックがあります。しかも結構強力なコールバックです。まさか自分が呼ばれているとは思いもせず、しばしタイムラグ。他に応答する局もないので、「QRZこちらは~~~」と返しますが半信半疑。もしかしたらまた、ローカルに被せちゃったのか~~と思っていたら「フクオカBG37局」でした。
 こんなに強いのは初めてで、フクオカがシズオカに勝手に脳内変換されて、「シズオカコールの新局かなあ」と勘違いしてちょっと混乱しているウチにロスト。もったいな~~。
 その後5chに移動してCQを出されていたのですかさずコール。52のレポートをもらって、55をお返しするも、交信成立かどうかはビミョ~~。
 ただ先日、同じポイントで6エリアと交信していますから「九州ポイント」かも。




 そうこうしているうちに、ナイター設備に明かりがついて、電撃殺虫機から「ぶう~~ん」とノイズが発生したので、ポイントを変えました。
 職場敷地内の、あんまり人気(ひとけ)のないところで、ノイズやらキュルキュルが強くなるポイントがありました。

 


 コンクリートの柱みたいなところの上です。直接置くとトランシーバーが傷になりそうだったので、メモに下敷きになっていただきました。

 このポイントについた時には5~7chが不法局で使えない状態。特に6chはクリアーに内容までわかる59でラグチュー。7chにはコリアから電波が届いている模様。

 かろうじて8chは小さなビリビリとしたかぶりがある程度で、うっすらと日本語が聞こえ入れ替わり立ち替わりCQを出している様子。
 その中でもはっきりと聞こえた「ニイガタAA462局」をコール。すぐにコールバック。

 そのあとは、聞こえていた他の局も聞こえなくなり、不法局も弱くなったので撤収となりました。


今日の交信

 とうきょうGV9/与那国 局  54/54 まさかの1chでの交信でした。

 フクオカBG37局       55/52 交信できたと信じて……

 ニイガタAA469局       53/53 掲示板を拝見すると「復帰しました」とのこと。

その他CBL多数

 シズオカAB635局と運用地が近かったようです。ほぼメーター振り切ってました。

各局様、ありがとうございました。





HOMERのワイヤレスマイク

 以前どこかの局長さんのブログで、ワイヤレスマイクの実験をしているのを見たことがあって、自分も作った覚えがあるからきっとどこかにあるんじゃないかと思っていました。
特に積極的に探すわけでもなく、時はすぎていましたが、奥様に言われてがらくた(自分にとっては宝物なんだけどな~)の整理をしていたら見つかっちゃいました。




 まさしくこれです。HOMERのWL303です。単5の電池1本で働くあたり、盗聴器っぽさが満載のワイヤレスマイクです。これをマイク代わりにすることなんてたぶんナイでしょう。
 しかし、アンテナが長すぎます。盗聴器として使うのであればこのアンテナは圧倒的にじゃまです。おそらくFM放送帯の4分の1波長を意識しているのだと思います。

 中を開けてみました。




 電池は入っていませんでしたが、緑色のさびが出ています。おまけに-極は切れています。基盤にまでさびが及んでいたらアウトだなあ~。
 トランジスタ2個のシンプルな構成です。まんなかへんのコアで多少周波数が変えられたと思います。
 超アナログな回路です。
 パーツクリーナーを吹きかけてブラシでゴシゴシするとサビは気にならないレベルになりましたが、基盤の半田はなんだか黒っぽいです。
 たいていの場合、半田ごてを当てれば、すぐに融解して銀色のキレイな面が出てくるのですが、コイツは半田が溶けにくく、熱で基盤が傷みそうだったので、-線の補修だけにしておきました。半田が酸化しているのかなあ?




とりあえず、乾電池1本分の電圧をかけて発振しているかを調べてみます。
あんまり期待できませんね。何しろ半田面が黒いですから。





アナログなワイヤレスマイクには、アナログなラジオが似合います。
NatianalのRF-U80というFMとAMだけのラジオです。Panasonicではありませんから結構古いラジオです。
でも、スピーカーが大きいのでいい音します。テレビがアナログの頃1~3chが聞けたラジオです。今は、補完放送が聴けるラジオとして活用できそうです。

肝心の発振ですが、ご覧のように88MHz付近でメーターに反応があり、マイクユニットをツメでたたくと「コツ、コツ」と聞こえてきます。
しかし、かなり微弱な電波しか出ておらず、飛距離は10m程度です。
おっかしいなあ~全盛期(?)にはもっと飛んだのに~。

というわけで、かろうじて生存は確認できたものの、自分と同じく全盛期は過ぎて飛びも悪くなっていました(???)

部品交換すればなおるのかもしれませんが、盗聴器以外の使い道が見当たりません。
なので、このまま現状保存といたします。

おつきあいいただきましてありがとうございました。

日曜日はCBLまつり

5月15日(日)は、朝からコンディションが良さそうででしたが、なかなか出撃できず、お昼ご飯を食べてからいつもの天竜川に出かけました。




なんだかどんよりとした天気でしたが、雨が降ることはなさそうだったので、車の屋根にRJ-580とバッテリーをセットして待ち受けです。

このRJ-580についているベルトはオリジナルのものではありません(見りゃわかるって!!)。
入手した時にはついていなかったので、クーラーボックス用のベルトが手持ちにあった(?)ので、通してみたらそれなりになったので使っています。

さて肝心の運用ですが、午後に入ってからはコンディションが上がる気配がまったくありません。
仕方がないので、8CHと広域レピータを受信しながら、うとうと……。けっこう熟睡したところで、とある無線機からCQが。
交信をワッチすると430にQSYするとのことなので、先週使った電池の入ったままのC401でワッチ体制に。
メインチャンネルからサブチャンネルまで、それぞれの交信を受信しましたが、遠方でしたので、230mWでは届かないだろうなと思い、コールしないままでした。
今思えばチャレンジしても良かったかも。

そうこうしているうちに8CHでCQが聞こえてきました。
奥浜名湖展望公園に移動されているアイチKY909局です。先ほど430で交信されていたのを聞いていたので、そのことを伝えて、お互いにコンディションアップを祈りました。

だんだん薄暗くなってきてから、なにやら聞こえてきます。
「しぃきゅう~でるたぁえっくすれ~~」長々と自己紹介やら地方名やらの口上を述べるみなさんの登場です。
あちらさんも、伝搬状況のアップがあるようです。混信で迷惑しますが目安にはなります。
「どんより~くもったぁ宮から~」って言ってますので6エリアからの電波が届いているようです。

そのうちわれわれの仲間の声が聞こえてきました。
ここからはCBLまつりです。今日は南の方角の局が聞こえては消え、チャンネル換えてまた聞こえるといった状況です。こちらから何局もコールしますが、まったく届きません。この場所は南側の局には不向きの場所のようです。
それでもとある局が「どんよりくもった宮から受信します」ってコールしているのを聞いてやっぱり宮は曇ってるんだと認識しました。
それでもけっこうな強さの電波が届いているので、あきらめずにコールしましたが交信できたのはたった2局。
たったというべきか、健闘したと思うべきか?
途中、浜松ローカル局のコールも聞こえました。もしかしたら被せちゃったかもしれません。ごめんなさい。

今日の交信
アイチKY909局/奥浜名湖展望公園 54/51 ポイントを変えてだいぶ交信されていたようです。

ヤマグチLX16局 53/53 今日はCBLだけかもと思ったらつながりました。
ヤマグチAA515局 53/53 ヤマグチ局とご縁があったようです。

今日の受信
しりべつNS21
おきなわRM603
かごしまNB79
うらそえVX124
ふくおかBG37
ヤマグチAA123
そうやG33
おおいたTN24
いぶりTM360/苫小牧
ヤマグチDB52
フクオカTA527
アキタAO899/函館

コールサインが間違っておりましたら…… ごめんなさい。(本日2回目の謝罪です)

北から南まで受信できただけでも楽しめました。交信できなかった言い訳だよね~っていうツッコミはナシで。

各局様ありがとうございました。



















































































































福田漁港でコノシロ

 フリラーのみなさんは市民ラジオの電波が良く飛ぶ港で運用するかたが少なくありません。
 聖地四日市は貨物を扱っていて漁港ではありませんが、自分が知っている近所の港は漁港ばかりです。
 市民ラジオにするか、魚釣りにするか迷って、結局両方することにしました。

 


 竿2本を置き竿にして、放置している間に、ステンレスのロッドで受信しようというスタイルです。

 そろそろ小アジが釣れだしても良いのですが、時間が悪かったのか潮時が悪かったのか、はたまたまだ小アジの群れが港に入っていないのか、周りにはアジ狙いの人は見当たりません。
 サビキにウキを付けて飛ばしている人がほとんどです。
 コノシロがまだいるようで、ちらほらと釣れています。
 自分も、サビキを飛ばしてみますが、潮の流れや風によってふらふらと移動してしまい、トランシーバーに集中していると、ウキを見失ってしまいます。
 トランシーバーに触るときには、淡水で手を洗ってタオルで拭いてからなのでけっこう面倒です。

 そうこうしているうちに、竿がしなりました。

 


 なかなか良型のコノシロです。小さいのは小アジです。

 トランシーバーのロッドを伸ばしていると近くで釣っていたかたが声をかけてきました。
 話を聞くとアマチュアを昔やっていたけど今はコールサインもなくなったとのことでした。
海岸は良く飛ぶということや、福田港から長野県と交信したことがあるなどなかなか熱心にやられていたようです。
市民ラジオのことはご存じなかったようで「防災無線」と思っていたようです。
確かに、地区防災組織では、市民ラジオを配備しているところも多く、15年くらい前に住んでいた地域では、自分も操作した経験があります。
自分の持っているRJ-380もマジックで自治体の名前と思われる文字や番号が振られていました。
「最近、これ流行ってるんですよ~」って言ってみましたが、「そうだねえ、防災んときにゃ役に立つんだよねえ」といまひとつ話はかみ合いませんでしたが、釣りの話も含めて楽しくお話をいたしました。

 そんな余裕があるってことは、釣りも市民ラジオもコンディションはいまいちだったということです。 魚がじゃんじゃん釣れたり、市民ラジオがバンバン入感してたらそんな話につきあっている場合ではないですから。




調理寸前のコノシロです。大物はこの個体のみ。
三枚下ろしにして、塩を振って冷蔵庫で締めています。このあとは酢でも締めて食べようと思います。
魚釣りって、フリラーっぽいですね。フリラーが魚釣りっぽいのかなあ?ロッド伸すし、水の近くだし、自然相手だし、天気や時間を読むし、ボウスもあるし。







 

JARDにいってらっしゃ~い




 JARDでスプリアス実態調査をしていることはみなさんもご存知だと思います。
自分の持っている古い無線機がリストにあったので、ホームページから申し込みをしたところ、OKとなり、本日発送となりました。

 発送と言っても自分のすることは運送会社を待ち受けるだけです。申込時に引き取りの希望日も登録してあったので、ひたすら待ちました。
 事前に運送会社から時間の確認の電話があり、時間通りに引き取りに来ました。梱包用の資材は運送会社が準備しており、玄関で梱包作業を見守りました。
 アンテナを外し、電源コードと一緒に小さな袋に入れます。本体はクッション材でくるまれて、専用の段ボール箱に納められました。
 取り扱い説明書を入れるスペースもあり、ホームページから印刷したものを入れていただきました。

 当時の無線機は、今のように初めから広帯域受信の機能が堂々と売り文句となっておらず、受信周波数を拡張して使うというスタイルが多かったと思います。
 受信改造には、ジャンパ線をカットする方法や、ダイオードマトリクスを変更する方法、パターンカットする方法などハード改造をするタイプ、キーボードから特殊なコマンドを打ち込むタイプがありました。
 DJ-F5はコマンドによる受信改造のタイプでした。

 測定完了までしばらくかかると思いますが、いったいどんな結果となるのか楽しみです。基準を満たせば継続して使用できるのでしょうか?だめだったら廃棄処分?

 結果が出たら報告します。 

5月13日(金) イブニング~ナイト 北海道から東北まで

 蒸し暑い日の夕方にはなんとなくEsが出るような気がして仕事を定時に終え、いつもの天竜川に移動してみました。
 
 


 かなりざわついています。なかなかはっきりとした日本語は聞こえてきません。ビリビリと違法無線のかぶりが迫っています。
 
 


 こちらでもその状況はあまり変わりません。どのチャンネルもなにがしかの混信が聞こえています。

 7chはピープーが華々しくS8~9まで振っています。
 このピープーが聞こえると、オープンすることが多いです。しかも今日は6chまでうっすらかぶるくらいに強力です。
 気のせいか、休日の朝にも自宅付近で7chのピープーが良く聞こえます。初めは工場かなにこのノイズだと思っていましたが、みなさんも受信していらっしゃるようですね。




 ラジホーンも取り出してみました。違法無線がはっきり聞こえます。合法CBはさっぱり聞こえてきません。
ラジホーンの右の光は航空自衛隊の飛行機です。AWACSでした。

今日の交信
 かみかわEF35局 53/52 4ch 初めての交信でした!!
 ほくとH88局    51/51 5ch うっすらからはっきりに変わりました。
 かみかわEF35局 51/51 3ch チャンネルが変わったので思わず呼んでしまいました
 あおもりJA273局 51/52 8ch 初めての交信でした!!
 イワテGS320局   53/53 8ch 強力に入感してびっくりでした。
 イワテDF105/7局 54/53 5ch 20時過ぎまで8chでも聞こえました。
 イワテCA29局   51/51 8ch 店じまいしようとしたらうっすらと聞こえてきました。待った甲斐がありました。

交信いただいたみなさま、ありがとうございました。 


雨のイブニング運用

仕事終わりに職場の駐車場で市民ラジオをワッチしてみると、日本語らしき変調が聞こえました。




ご覧のように真っ暗です。イブニングと言うよりナイト運用ですね。しかも雨がけっこう降っています。

その声は、CQとも聞こえるし、コールサインの連呼とも聞こえます。そのうちふわっと来ました。

今日の交信
 かごしまBB747局 51/51 初めまして。QSBはありましたが、混信などはなくはっきりと聞こえました。

スイッチを入れてわずか2分くらいで聞こえはじめました。ラッキーでした。

今日のおまけ




職場の裏山の水路で見つけました。アカハライモリです。
昨年は、ザリガニをたくさん見つけましたが、今年はイモリが繁殖しています。
サワガニなんかもいます。
けっこうきれいな水の水路の近くに職場があるってことです。
こんな山からでも市民ラジオは楽しめます。

ありがとうございました。

愛知県本宮山

ゴールデンウィーク最終日(とは言っても自分はカレンダーどおり)の5月8日(日)に愛知県にある本宮山にて移動運用しました。




前日にアイチKY909局にお誘いいただいての合同運用です。
市民ラジオ、特小、430アマ機を持参しました。

本宮山山頂は、テレビの送信所や通信用のアンテナ設備がたくさんあるためノイズ源もたくさんです。
市民ラジオでは、ジーーーーーッというノイズが常に聞こえているかと思えば、バタッととまったり断続的なノイズに変わったりと得体が知れません。
送信設備のエアコンがノイズ源だとか。だとすれば変化するノイズに納得です。
ハンディ機を持ってうろうろすると、ノイズの大きさも変化します。あるポイントではほとんど気にならないレベルまで小さくなりました。
何かの影になっているとか、反射波同士で打ち消し合っているとかいろいろ想像しますが、何しろ電波は見えないのでよく分かりません。

一方、特小は新城レピータには楽勝でアクセスできますが、広域レピータは変調がのったりのらなかったりです。
KY909局が探し当てたポイントは「ガケ」です。右足を切り株に乗せ、左足をかろうじて地面に置きます。切り株が崩れたら数十メートル落下しそうです。

PL660でAM補完局を探り始めると、結構聞こえることがわかりました。
90MHz付近からざわついていて、たぶん6局くらい聞こえました。

90.6MHz MBSラジオ
91.6MHz 文化放送
91.9MHz ラジオ大阪
92.9MHz 東海ラジオ
93.3MHz ABCラジオ
93.7MHz CBCラジオ

文化放送はちょっと怪しいですが、周波数からするとそうなんですよね。もっと長い時間聞いていればジングルか何かで確認できたかもしれません。
大阪方面のラジオでは競馬やってました。

今日の交信
市民ラジオ
シズオカHR120局/四日市  52/52 四日市まで遠征お疲れさまです。
ギフKZ501局/四日市    54/54 またまた四日市です。
ミエAA469局/四日市    52/52 四日市ハットトリック達成です。

アイボール 
アイチKY909局       59/59 お誘いありがとうございました。

そのほかに一瞬遠くの日本語が聞こえたような気がしましたが、交信できるレベルにありませんでした。

各局様ありがとうございました



浜松まつりとEsまつり

5月5日子供の日は、浜松まつり最終日です。
凧揚げ会場では、子供凧揚げが行われ、各組とも揚げた凧の糸をを子供たちに引かせるなど、子供たちのためのおまつりを繰り広げます。




ところが、風が強すぎて、糸が切れてしまう組が続出。
自分の組の凧も切れてしまって、凧揚げ会場から砂浜に向かって追いかけました。
場外で待ち構えていた「先回り」が凧を確保しましたが、凧揚げ会場から遙か離れたところでした。追いついたときにはもうへとへとです。
海や川への水没は免れましたが、追いつかなければそれもあったでしょう。

せっかく浜へ出たので忍ばせておいたこれを取り出しました。




掲示板で運用予告していましたが、このときはキュルキュルもピーピーも聞こえませんでした。
じゃあというわけでCQを出しました。
2回ほどののちにおなじみの局長さんからコールいただきました。
尉ヶ峰からシズオカDW33局から52のレポートをもらい、RJ410が働いていると実感しました。

すぐに、凧場に戻り凧揚げを再開して、お昼の休憩時に再び海沿いに出て運用です。




波打ち際まで出ると、キュルキュルが猛烈な勢いで聞こえています。かろうじて何か日本語らしきものも聞こえてきます。

こいつじゃ届かないかもと思いながらもコールしていみました。すると「ホテル、マイク局どうぞ」という声が聞こえます。
コールにHMを使っていらっしゃる有名局もおりますので自分かどうかは定かではありませんでしたが、自分もHMコールを名乗っているので遠慮せずに再度コール。
ながおかHR420/JR6局と交信成立しました。
その後チャンネルを切り替えてうらそえVX124局とも交信です。
RJ410なかなかやるじゃん。波打ち際効果もあったのだと思います。
その後、満足して凧揚げに専念し、凧揚げ会場をあとにしました。

5月5日の交信
市民ラジオ

シズオカDW33局/尉ヶ峰  M5/52 激励ありがとうございました。

ながおかHR420局/JR6   M5/51 昨年の秋以来の交信でした。
うらそえVX124局     M5/52 ピークで57で届いていたとはびっくりです。
                  VX124局の耳に助けられた交信でした。

来年も浜松まつり会場から声を出せたらいいなあと感じさせる交信でした。

浜松まつりでデジタル簡易無線

 ここ浜松市はゴールデンウィークには浜松まつりです。




各組(各町)が、生まれた子供の健やかな成長を願って大凧を天高く揚げます。
上の写真は、浜松市が作成した凧です。各町と共に開会式を迎えます。




10時の開会式と共にほとんどの組が一斉に凧を揚げ始めます。ものすごい数なので、ぶつかったり、糸や尾が絡んだりします。

自分の組の凧は残念ながら、開始20秒くらいで落ちてしまいました。でも5月4日の地元紙には、隅っこにしっかりと写っていました。

さて、デジタル簡易無線と凧揚げの関わりです。
凧を揚げる凧場では連絡を取り合うとスムーズに行くポイントがいくつかあります。
陣屋:凧揚げ会場での各組の本拠地です。同じ規格のテントが会場に規則正しく並んでいます。
糸先:糸の先なので、凧と糸の接続点のことを言います。揚げる前の凧の位置になります。凧を揚げるポイントでもあります。
糸枠:たこ糸を巻いた移動式の糸巻きです。
凧車:大凧をおいてある車両です。
先回り:凧の落下に備えて常に凧を監視して、落ちる前にキャッチしたり、林に落ちた凧の回収を担当します。

 これらのポイントの連携がうまく行くと全体の運行がスムーズになります。ほとんどイベント運営会社みたいなモンです。

 それぞれの連絡にこれまでは特定小電力無線を使っていました。凧揚げ会場はほとんど見通せる距離なので、本来は十分なはずです。
 ところが、百数十町(組)がひしめき合う中では、混信は避けられません。トーン設定をしていても強い電波があればノーメリットです。
タイミングが肝心なのでできればいつでも交信したいのです。

 Facebookに時々このブログを連携させているんですが、それを見た組長から相談を受けて「ちょっと高いけどデジタル簡易無線というのがある。」と提案をしました。




 というわけで今年のまつりからこれが5台配備されました。IC-DPR6です。巻き付いている糸は「小糸」という凧と揚げ糸を結びつける糸です。丈夫なので、ストラップ代わりにしています。
 イヤホンマイクで運用しています。
「これ結構良く飛んで、イイネ」と評判です。
 これをきかっけに、組でフリラがブームになるかも??

 それよりも、シーズンオフには自分あずけてくれないかなあって。それとも使わなくなった特小くれないかなあとも。  無理かな。

スクランブル発進

浜松市には自衛隊の浜松基地がありますが、主に教育施設ということで、戦闘機が轟音を立ててスクランブル発進することはありません。
日本海に面した方面では、スクランブルがあるようで、野沢温泉スキー場で頭上をものすごい音を立てて発進する戦闘機を何回も見たことがあります。
音より速いので、通過したあとにものすごい音がします。

今日は自分が発信しました。

家で、この前のブログの記事を書いてまったりしていたら、某局からメールで「沖縄まつり」とのお知らせ。
確認すると「赤~~~~」
家を飛び出してICB870で確認するも、いつもよりノイズが多くわからず。
ならば車に乗って天竜川へ「スクランブル発進」です。10分で現地に到着。

慌てていたため写真も撮らず、ロッドを伸します。

北海道方面の2局と交信することができました。
沖縄は……南方の混信のうしろに聞こえましたが交信ならず。
今日は北の方向にご縁があったようです。

夕方の交信
市民ラジオ
ヨコハマGA422/8局 53/53   釧路からありがとうございました。
くしろG73/はまなか局 51/51  北海道のお天気はだいじょうぶでしたか。

CBL おきなわYC228局 51
    おきなわKD62局  51

今日はとっても楽しめました。 明日の仕事頑張れそうです。

各局様ありがとうございました。

イワテ ハットトリック

 今日はゴールデンウィーク中で運用できそうな最後の日なので、竜頭山にも出かけようと思い、カーナビにセットしてしばらく走ったところで、ケータイ(ガラですが何か)でイオノをチェックすると「そこそこ」色づいていました。
ならば山の上よりも、水辺の方が良いと判断し、急遽天竜川へ。
いつもの運用場所は、少年サッカーの応援の車で一杯だったので少し離れたところに駐車。
 4月最後の日は、Esに嫌われてしまったので、今日もだめかもと思いつつ、ゆうべゆっくり充電したバッテリーをセット。

 


天気は良かったのですが、風が結構あって、ほこりっぽい。

7chからは「ピーピー」がS4まで振れています。でもキュルキュルや8chの「ピープー」は聞こえません。




この場所は、高圧送電線があるのですが、電線からのノイズはあまり感じません。もちろんなにもノイズがないわけではありませんが短い時間で変化するので、送電線のものとは思われません。
近くを走る車のノイズのほうが遙かに大きいです。

そのうち、8chからはビートが聞こえだし、何か話している様子。
交信レベルになかったのでチャンネルを切り替えながら聞いていくと、4chでイワテDS94局の声が聞こえてきました。
昨日は急落してしまったので、今日こそは!!と思いコール。混信に阻まれ今日もだめかと思いきや、混信の隙間で交信成立。
その後もイワテの2局と交信させていただきました。
北海道とも久しぶりにつながり、大満足。

竜頭山に行っていたら時間の関係で交信できなかったかもしれません。

そのあと竜頭山移動の2局にも交信していただきなんだか複雑な気分になりました。

今日の交信
市民ラジオ
イワテDS94局  53/55 今日もだめかと思いました。よかった~~・
イワテAA169局 53/53 高原からということでした。何高原かメモし忘れました。
イワテDE56局  51/51 始めコールサインが聞き取れなくてお手数をお掛けしました。海外かぶりがありました。

イワテハットトリック完成!!

シズオカTK19局/竜頭山 52/52 竜頭山は寒くないですか?今後ともよろしくお願いします。
シズオカGX707局/竜頭山 51/52 ありがとうございました。いいですね竜頭山。

シズオカAB635局 M5/53 新幹線の鉄橋近くからとのことでした。当局は移動した磐田市からでした。

浜松レピータ
ハママツWY237局 M5/M5 初めまして。これからもよろしくお願いします。

ゴールデンウィーク後半は浜松まつり関係などで、移動運用はできそうにありませんが、浜松まつりの会場である中田島から、オンエアするかもしれません。
RJ410を忍ばせて行きます。何しろ遠州灘に面していますから。あと、特小レピータが開くかなあ?

各局様ありがとうございました。


プロフィール

ハママツHM21

Author:ハママツHM21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR