ノートパソコンのバッテリー交換 ASUS X200MA-B-BLACK

プレゼンで持ち運べるパソコンがあるといいなあと思っていわゆるネットブックを数年前に買って使っていたんですが、なにせOSがXPで画像出力がD-subの15pinだったので、そろそろHDMI出力のあるWindows10のほしいなあって思ってオークションサイトを見ると、バッテリーはダメだけど希望に叶う機能がある小型のPCが結構安くあるではありませんか。

悩みます ①バッテリーの交換って自分でできるのかなあ
       ②バッテリーっていくらなの
いくらPC本体を安く手に入れられてもバッテリーが高かったら新品を買ったほうがいいですよね。

色々調べると、バッテリーは純正品でなければリーズナブルな価格で手に入ることがわかりました。

意を決してオークションでぽちっとな。

あまり人気がないのか、送料入れても7000円以下で落札。メモリーも4Gあって必要十分です。
でもって、バッテリーですが、ショッピングサイトで送料入れても3000円弱。

思い切ってこちらもポチリ。

届いたPCの電源を見ると…
イメージ 1

ACアダプターでしか動作できないようです。

届いたバッテリーがこれ
イメージ 2

JANRIってなんだ?

箱を開けると
イメージ 3
エアークッションに包まれたバッテリーがお出ましです。

じゃあPCを分解しますか。
用意した道具はこれ。 歯ブラシは内部にたまったほこりを取るため。
精密ドライバーは100均で買ったもの。あとヤマハのギターピック。買ったときは1枚50円でした。
ラジオペンチも100均ものですが、結局使いませんでした。
イメージ 4

ゴム足の2か所の下にもねじが仕込まれていました。合計9か所のねじを外します。
イメージ 5

ねじを外しただけでは外れないので、ギターのピックを隙間に差し込みながら「パキパキ」言わせながらカバーを外します。止めている「ツメ」が割れるんじゃないかとびくびくしながらはがします。

イメージ 6
ピックをスライドさせながらやると思ったより簡単に剥がれました。

キーボード側を画面の手前にパッカリと開きます。
とあるサイトやブログでは、フレキシブルケーブルを外すと書かれていましたが、外さなくても内部にアクセスできるようです。外すと壊しそうなので、できれば外したくないと思っていたのでラッキーです。
イメージ 7

ヒンジの根元にあるのがバッテリーパックです。プラスねじ1本で止められているので外します。
イメージ 8

外したバッテリーは上、新しく買ったバッテリーは下。同じ外観で端子もおんなじなので交換できそうです。
イメージ 9

バッテリーを入れ替えたら、分解した手順と全く逆に組み立てます。
周辺を押さえると「パキパキッ」とした手ごたえがあってはまっていきます。
イメージ 10

ねじを元通りにして完成。

PCを起動させて電源を確認すると…

イメージ 11

バッテリーでの動作復活の様子です。これで持ち運べるミニノートが新しく手に入りました。

ちなみに取り外したバッテリーのカバーをめくると
イメージ 12
18650タイプの円筒形のリチウムイオン電池が3個入っていました。
タブ付きの電池が手に入れば交換できそうです。 保障外ですけどね。

思ったより簡単にノートパソコンのバッテリーが交換できました。
自分の用途では十分すぎるPCが10000円以下で手に入って大満足です。バッテリーの寿命はまだわかりませんが、「交換できる」ことがわかったので安心して使うことができますね。
スポンサーサイト



着弾 LEDバッジ

中華の国からこんにちは


中身は

いや~ん。箱つぶれてるやん。長い船旅ご苦労様です。



CDやらUSBケーブルまでついて日本円にして600円  爆安です。



シャッタースピードが遅くてなんだかわかりましぇん。



光るネームプレートです。
昔、光るナンバープレートってはやりましたが最近は見かけませんね。

運用中に光らせとくかな。ミーティングやイベントの時に声かけてもらえるかも。
ちょっと恥ずかしいけど……。

ほかに何か使えるか考えてみます。

着弾品の修理 FAIRMATE HP100

先日到着したスキャナー(受信機)の FAIRMATE HP-100ですが、いざ使ってみると経年劣化による不具合がありました。



マニュアルで周波数を打ち込むとしっかり受信しています。FMラジオや特定小電力の周波数では大きなずれは感じられません。

しかし、オークションの出品欄に書かれていた通り2つの不具合がありました。

① SARCH SCAN ができない。
② バックライトが付かない。

の2点です。受信はできているようなので残念です。この手のスキャナーは超高速のサーチやスキャンが命。バックライトはどうでもいいんですがねえ。

というわけで分解です。



受信機だから分解してもいいんですよね。これが特定小電力無線機や市民ラジオだと「イケナイ」ことのようです。

小さなプラスネジでとめてあるだけなのでどんどん分解できます。もし戻せなくてもそんなに痛い金額ではないので、勉強のつもりで。



最近のものならフレキシブルケーブルでつなぐんでしょうが、このころの無線機はカラフルな導線でつながれています。コネクタで離せるので分解は楽です。ケーブル(ハーネス)の長さがこれまた絶妙。手作業だったのかなあ?

3層になった基盤を外すと


これはすでに修繕後なんですが、ボタンにアクセスできました。テレビのリモコンなんかもそうですが、キーが効かなくなっているのは、ボタンや基盤の汚れか、導電塗料の剥がれや酸化が原因だと思います。接点復活剤を塗った綿棒でボタンの黒いところを軽く撫でたところ真っ黒なカーボンがはがれてきました。導電塗料があればいいのですが、自分はたいてい写真のようにアルミのテープを貼って対処します。
これで何個かリモコンを救っています。職場のテレビや同僚のリモコンも。

これで動けば安いもんだ~~。

元に戻します。


結果は……

見事復活です。ただ単に経年劣化でボタンの導電塗料がだめになっていたようです。

たぶん、この後ほかのボタンも劣化するだろうと、この後すべてのボタンの裏にアルミテープを貼って完了。

実は、バックライトが付かなかったのもボタンの劣化でした。

完全修理ではないですが、満足のゆく結果となりました。

今は爆速でサーチもスキャンもクルクル回っています。 明日のUHF-CHオンエアミーティングにも連れて行って受信感度を試したいと思います。

ICB-87Rのカバー修理

ソニーの市民ラジオのハンディ機にかかっているカバーですが、経年劣化により透明度が落ちていたり、硬化して割れてしまっていることが結構あるようです。

自分の所持しているICB-87Rのカバーもチャンネルセレクターとメーターのところの透明ビニールが割れてなくなっています。



まあ使えないことはないんですが、せっかくなのでカバーできないかと思いホームセンターに透明ビニールを買いに出かけました。

ありました。 0.25mmの厚さのものです。


厚さは何となくこんなもんかなって感じで触って決めたもので、オリジナルの厚さはわかりません。

幅が1200mmもあり、10センチ単位で計り売りでした。10センチで70円くらい。
さすがに10センチくださいとはいえずに、30センチ切ってもらいました。

カバーを取り外したところ。


メーターのところは熱?接着剤?どっちだろう。チャンネルセレクターのところはカバーとともに縫われていたようですが、そんなこと自分にはできません。

なのでこいつで接着


軟質ビニールも行けるらしい。

チャンネルセレクターは大体の円を描いてカッターで切り抜きました。




こんな感じに切り抜きました。

接着剤をつけて養生テープで仮止めです・


半日ほど仮止めしたテープを外すと……



思ったよりもチャンネルセレクターがうまくはまりました。
これでしばらくまた使えそうです。何しろ新品は手に入りませんからね。
古いものが直って新しく見えるとうれしくなっちゃいます。

中華もの着弾

 しばらくぶりのブログ更新です。仕事が忙しかったこともありますが、豪雨災害の報に接するたびに「自分が被災したらあんなに頑張れるだろうか」と思ってばかりいて何となく交信も更新もしないでいました。
 被災された皆様には何とも申し上げようのない自分がいます。復旧復興を願うばかりです。

さて、そんな中ですが、以前に注文したブツが大陸からやってきました。



プチプチの袋に入って遠路はるばるやってきました。お疲れ様です!!

中身は



黒い箱が2個入っています。あれ?1個じゃなかったんだと今更ながら。



これこれ、これが欲しかったんです。デジタル電圧計。2線式で電源につなげば稼働してしかも電圧も測れるというものです。
なににつかうのかって? 車で使っている小さなサブバッテリーの電圧を見るためです。
何しろ素人考えでダイオードを単純に組み合わせただけの充電回路なので、本当に大丈夫なのかと思っていたので常時測れたらいいなあって思い購入。ちなみに回路はこんな感じ https://blogs.yahoo.co.jp/hama_hm21/19634583.html

ちなみに2個で300円しない値段。自分は1個のつもりで買ったんですが、注文したサイトを見るとやっぱり2個写真が出てました。
その昔(大昔?)デジタル電圧計って秋月のキットで作れることを知って、ほしいなあって思ってた頃と比べると本当に隔世の感があります。

果たして自分の思い通りに電圧を図ることができるのだろうか?セッティングしたらまたアップしますね。
え?誰もそんなこと期待してないって?    失礼しました。


プロフィール

ハママツHM21

Author:ハママツHM21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR